FC2ブログ

WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

ここまでくると意外でも何でもないな。

 今クールのドラマ、実はもう1つついつい見てしまったのがわたしたちの教科書である。ハッピーエンドのあまり重たくないドラマを見る主義なので、ちょっと珍しい。最初から見ていたわけではないが、最近のドラマのHPってとても親切で、ほとんど丸々ストーリーが載っているので途中からでも問題なく見ることが出来るし、1時間丸々見なくても余裕でストーリーについていけるところがみそである。だから全放送見たわけではないが、昨日最終回終了。

 イジメを取り上げているが、勧善懲悪でもないし正義を扱うわけでもない。イジメがテーマではないようにも思えた。イジメを核とする人間関係(生徒、教師、親、被害者、加害者)及びその変化を通して、誰もが持つ危うさや二面性、もろさや逃避行動が率直に描かれていて良い出来だったように思う。希望や絶望の中で自分の心に問うことに大事さや他者の痛みを思んばかる、そういう事が主テーマだったようにも思える。死んではいけないといことを強調して、なぜいけないのかというところまで言及しているのはチャレンジだなぁと思った。
 細かい事だが個人的に音楽もツボ。重要な場面で静かに流れるラフマニノフ、気付いたのは後半だがいいねぇ。

 ちょうどハウスキーピングを黙々とこなしている時間帯なので、このままドラマ見る習慣がつくかも。おもしろいものがあれば、だけど。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://woo2.blog107.fc2.com/tb.php/27-184b3c0c

| ホーム |