FC2ブログ

WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

『さぁたいへん』の続きである。で、結局作った。で、この更新時間(汗)。

 土曜日はばたばたしているうちに、いつものごとく体調不良で夕方から寝込み、日曜日は日々の雑事に追われ結局生地に向かったのは夜中である。途中、娘の久々の夜泣きなどありながらも何とか完成。

「布団カバーなんて、四方縫うだけで簡単」とか言うな。いや簡単なんだけどさ。
-----------------------------------------------
①大きな生地から必要布サイズを切り出す
(例えば70㎝X140㎝の出来上がりサイズだとその倍を切り出すわけで、和裁用の長竹尺とか無い中切り出すのは結構骨。だいたい直角だすのが難しい。)
②布団の出し入れする側の縫い処理
(アレンジ加えたためここがすぐわけわかんなくなる馬鹿さかげん)
③名前書いた白い布の縫いつけ
(直接書けばという突っこみはなしで)
④裏返した状態で回りをぐるっと縫う
⑤布端をまつり縫いする
(まつり縫いもミシンでやるからラクなんだけど、それでも普通に縫うよりかなり時間がかかるので布押さえながら気が遠くなる)
⑥ひっくり返して縫い代を割るようにアイロンかけ(⑦の準備)
⑦表から周囲に端ミシンをかける
(形が整うし、持ちがよくなったり洗濯の後楽だったりするらしいので、ぶつぶつ言いながらかける)
⑧スナップを縫いつける
(居眠りしながら縫うので時間かかった)
-----------------------------------------------

 参考にしたのはココのページ
そこ!「何だ、お手本がちゃんとあるんじゃん」とか言わない!お手本があったって、ぶきっちょにはたいへんなの!このページを参考にしてファスナー縫い代の折り返し部分にスナップを縫いつけ、折り返し部分面がぶらぶらしないように縫い止めしたり、布団入れる側をアレンジ。

 だいたいこれで布団カバー1つにつき3周ミシンかけてる事になるわけで。中距離ランナーな気分。後1周!みたいな。


 布団は貸与で布団カバーは各自持参で毎週末洗濯、というのが川崎市の保育園のルール。布団カバーも市販されているのとはサイズも異なるから、別に手作り推奨しているわけではないが手作りすることになるという内訳。この布団と布団カバーのルールって、自治体によって違うらしい。東京都には布団と布団カバーセットで貸与で、布団カバーも保育園(業者?)で洗濯してくれるところもあるらしい。でも中には布団管理も各自ですることになっていて、保護者が雨の日の金曜日に布団かかえて帰る事を強いられる所もあるらしい。色々。
 保護者としては、布団カバーも貸与してくれたり、もしくはそのサイズの布団カバーを誰か売ってくだされ、というのが本音だがなかなかそう勝手ばかりも言えず。

 とりあえず生地のまんま放置されていたものが1つ製作品になってほっとした。今の悩みはもう1つの生地、つまりもう1枚の上布団カバーをいつ作るかって事・・・。今は夏なので、今回作ったのは下布団用、だけ・・・。秋だろうなたぶん。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://woo2.blog107.fc2.com/tb.php/22-3124ba4c

| ホーム |