FC2ブログ

WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

11月半ばから各家庭のライトアップが始まり、穏やかな光で地味ではあるが、
ほとんど全ての家の窓という窓にキャンドルライトが飾られるのは圧巻。
山型にロウソクを7本並べたタイプのものか、星型の吊るすタイプのものが多い。

星型キャンドル
いい写真がないので、どっかのお店の写真。
写真の赤い星の色違いで白いのがある。豪華に見えるんだけど、星は紙製で軽くて安い(79SEK, 1000円弱だった)。吊り下げた電球にセットするっぽい。

山型キャンドル
窓ごとにこれが置かれていて、結構な数。
シーズン中はつけっぱなしと見た(夜遅く出歩いた事がないのでわからない)。


うちの近所は郊外で庭が広いせいか、さほど派手な感じはしない。庭の木に電飾まいたりするところもあるが、日本でよく話題になる個人持ち家のクリスマスイルミネーションのようなものは皆無。

駅前にも巨大な樅の木が出現。いかにも前からあった風に全く違和感がないのが笑えた。
石畳の道路の一部をはずして、木を突っ込んである。家庭に飾るイミテーションツリーのようだがでっかい生木。

樅の木出現


今年は11月末の最後の日曜日(28日)がクリスマスから数えて4つ前の日曜日、
つまりFörsta advent(1st advent)でキリスト降臨節の始まり。
スウェーデンのご家庭は4本のろうそくをアドベントキャンドルに立て、最初のロウソクに火を灯すそうな。
私の最初の疑問。
そんなに巨大なロウソクでもなく、アドベント毎に火をつけるって、ロウソクの継ぎ足しとかどうすんだ?
advent毎に次々に火を灯して、長さがバラバラになったりしないの?
よく考えると大した疑問じゃないんだが・・・最初は結構真剣に考えた(ちょっとだけ)。
後日解決したのだが、隣家では1本目に火をつけて消えるまで、翌週新しい1本を補い1本目と2本目に火をつける、らしい。1stで1本目、2ndで2本目…という風に着火出来れば、他はどうでもよい自由なんだろうと結論した。

せっかくス国に来たんだからアドベントキャンドル買うか、って考えもあるんだが、
日本人だし、ゆえあって荷物増やすなキャンペーン中なのでやめてみた。
こっちの人はキャンドルが好き。家でもカフェでも、至る所でキャンドル使うのでスーパーはもちろん、
IKEA行くと山のように蝋燭が売られている(安価)ので購入衝動を抑えるのがたいへんだったり(お馬鹿)。
慣れない日本人は火事が怖いので買うまいと決めていたら、まるでロウソク、みたいなLEDライトが売られているのを知る。買いませんよ。集合住宅とかロウソク禁止のところもあるんだろうが、それでもキャンドルを使いたいってことらしい。

余談だが、なんちゃってロウソクだけでなく、なんちゃって暖炉も売られている。
液晶ディスプレイで暖炉の火を演出するやつ。そこまでするかと思ったけれど、日本にもディスプレイで熱帯魚の水槽を演出するのがあったし、暖炉を愛してやまないって事なんだろう。


1st advent、実は土曜日にご近所教会で開催されたクリスマスマーケットに行ったという話を書きたかったのだが、ついキャンドルとか光の話をだらだら書いてしまいました・・・。
しかも久しぶりすぎて、写真のアップロードにもーのすごく手間取ってしまった、ということで続く(爆)。

確実にクリスマスの話で年越しとみた。

スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://woo2.blog107.fc2.com/tb.php/212-6f2dc7d1

| ホーム |