FC2ブログ

WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

先週の事だが、仕事の積み残しがたまっていて
かなり気に病んでいたからか、
『週末にセンター試験なのに、何の対策もしてないどころか、受験勉強自体かなり不十分』
ということに悩む悪夢を見た。
夢の中で山のようになっていたのは
手が付けられていない仕事の山だったので、非常に寝覚めが悪かった。

今週もまた積み残しの連続で、受験生が追い込まれるような切ない気持ちになっている。
(意味不明・・・)


----------------------------------------------
合格お礼相次ぐ受験生の味方「ダルマ」 小浜で生産ピーク (福井新聞)

 本格的な受験シーズンを迎え、小浜市福谷の民芸店で、漆で作る名物の「合格ダルマ」の生産がピークを迎えている。同市の神宮寺で祈とうしてもらったダルマは、「絶対に転ばない」ように形を工夫。おなじみの力強い表情で受験生を後押しする。

 合格ダルマを作っているのは「ツカモト民芸センター」の柄本忠彦さん(61)と妻の直江さん(50)。17年前に客から頼まれ、特別に作製したのをきっかけに、以来毎年手作りしている。口コミで人気に火が付き、今では県内をはじめ全国から注文が入っている。

 赤や緑、黄色など色づけした漆を型に入れ、3カ月ほど乾燥させて固めてから台形や三角すいにカット。表面を紙やすりで磨いてつやを出してから一つ一つ顔を描く。最後に表面を保護する特殊な樹脂を塗って完成。すべての工程が手作業で、ダルマは漆の混ざり具合や表情が微妙に異なり、同じものは二つとない。

(中略)

 購入した人からは「合格した」というお礼の電話などが相次いでいるという。柄本さんは「魂を込めて作っている。ダルマを心の支えに自分の希望に向かって前進し、合格をつかんでほしい」とエールを送っている。
-----------------------------------------------

記事写真ではダルマがよくわからないので、ダルマはこちらの写真で。
男前な顔つきである。

ところで、小浜市と言えば次期アメリカ大統領のオバマ氏の応援ですっかり有名だが、
当然このダルマが昨年オバマ氏の元に送られたらしい。


福井新聞2月25日記事(だと思う)
------------------------------
 福井県小浜市は25日、市名と発音が同じで、米大統領選の民主党候補者指名争いで躍進するバラク・オバマ氏に必勝祈願のうるしだるまを贈った。
(中略)
 村上利夫市長の親書を同封し、オバマ氏が上院議員として選出されているシカゴ市の私書箱に送った。大統領に当選した際には、小浜市とオバマ氏のふるさとのホノルル市が、友好都市になることを希望していることなどを記している。
------------------------------

オバマ氏に送られた合格ダルマの行方調査希望~。
というか、もっと宣伝に使えばいいのに。小浜市、つつましすぎる?
で、友好都市はどうなったのだろう。

私は片目ダルマよりも両目ダルマが好き。
成就した両目ダルマはとっておけばよいのだけれど、
祈願達成に失敗した片目ダルマの処理の仕方が、よくわからないから。
そういう理由で買うのを躊躇うってのは、既に負け組なんだろうか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://woo2.blog107.fc2.com/tb.php/141-a58543b6

| ホーム |