WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

総理、エライなぁ。簡単な事だけど、願いを聞き届けるというのは大事。
小浜市での支持率はUpするに違いない?

----------------------------
麻生首相、オバマ大統領に小浜の塗り箸プレゼント(Asahi com.)
24日の日米首脳会談に先立って、麻生首相はオバマ大統領に、「オバマ旋風」にわいた福井県小浜市名産の若狭塗(ぬ)り箸(ばし)をプレゼントした。小浜市の市長から、渡して欲しいと託されていた。
----------------------------
スポンサーサイト
保育園に行くようになって、色々な保護者がいる事を日々実感している。
幸いにも「眉をひそめる」ような事はないが、「人の振り見て・・・」というのは良い悪い両方ともある。
世間でよく話題になるようなバカ親にはなりたくない。

スイスのお話。
-------------------
怠慢な親を罰すべきか?(2009/2/19、swissinfo.ch)
怠慢で学校と協力しない親を罰する法律を制定したバーゼル・シュタット州が、今多くの批判を浴びている。しかし親としての義務を果たさない保護者に、その責任を追及する姿勢はほかの州でも変わらない。
-------------------

怠慢で学校と協力しない親の定義は、
『定刻の登校、充分な食事、充分な睡眠などを含む、基本的な親としての義務を果たさない保護者』
だそうだ。
その他に『教師主催の親への説明会の出席義務』もあるらしい。
罰すべきかどうかは別として、確かに親としてすべき事ではある。

別の記事によると(『今度は親たちの番(2008/9/1)』)、こういう背景があるらしい。
---------------
ドイツ語圏のいくつかの州では、学校生徒が授業に集中できなかったり、ほかの生徒の邪魔をしたりする態度の原因に、睡眠不足や朝食を取っていないことを挙げ、親の責任と義務を追求している。

 「あくまで生徒が授業に集中できること、学校生活がスムーズに行われることを目標に、親の責任と義務を明らかにする時期にきている」
 とベルン州の教育局長ベルナール・プルベール氏は、ドイツ語圏の日曜版「ゾンタークスツァイトゥング ( SonntagsZeitung ) 」紙のインタビューで語った。
---------------

専門家の意見。
----------
「フリブール大学家族カウンセリング研究所」のアンヌ・シナ・ジョセン氏は、
「子どもにチャンスを与えたければ、対策は早ければ早いほど良い。やはり非行の原因は学校でうまくやっていけないことに起因する場合が多いからだ。さらに、朝食をきちんと取っていない子どもや、疲労している子どもは集中力がなくなり、その結果ほかの子どもの勉強も妨げることになる」
----------

日本でも、成績や素行に与える朝食や睡眠の重要性はしばしば話題になっている。


で、罰金制度が導入されているそうだ。
欧州は移民も多く、複雑な要因があるのは事実だが、学校の現場としては困った状況が多々あるのは容易に想像がつく。

学校の現場では
先生たちは親と喧嘩する気力も失い、もう限界にきている。子どもたちは授業中に睡眠不足で寝込むし、親は設定された話し合いの場にも出てこない。さらに幼稚園でも多くの欠席が目立つ。』だそうだ。

で、保護者の意見はというと、
----------
バーゼル・シュタット州で保護者の会の代表を務めるマヤ・ミューレさんは、
 「食事や休息、宿題をするのに適した環境などを指導するのは素晴らしいことだ。しかし、青少年期に入った子どもに朝食を強制するのは難しいことだし、紙に書いてある通りを子どもに言っても実行しないことが多い。それなのに、こうした状況を一切考慮せず親に罰金を課すのはどうかと思う」と主張する。
----------
(太字は引用者による)

つまり
「言ったって子供がやらないのに、全部親の責任って言わないでよ」って事?
・・・・・開き直ってどうする。

で、この人はこうも仰る。
----------
「親としての義務を実行しないのは、ほんの少数の親たちだ。彼らはスイスの教育システムが分からない上、社会的に上の立場にないこうした親たちは、それを知る手立てさえない」
----------

「ほんの少数」という現実ならば、現場はそこまで疲弊しないし、罰金制度になってもそれ自体にそう不満は出ないもんじゃないの?
義務を果たしているかどうかの境目の判断が難しい、ということはあると思うけど。
(罰金制度の是非を問題にしないならば。)


どこの世界も同じらしい。
メモ程度の記事だが、そろそろEVタグを作ろうかと思う今日この頃。

で、iPhoneで制御する必要性はよくわからんのだが。

--------------------------------------------
変形する電気スポーツカー『iChange』――iPhoneで制御するクルマ(WIRED VISION)
(詳細写真、動画記事)

スイスの自動車チューンアップメーカーRinspeed社
iPhoneで制御可能な電気自動車のコンセプトカー『iChange』を出展
この車は、乗る人の人数に合わせて大胆に形を変えるという。

iPhoneのアプリケーションを操作するだけで、流線型のワンシーターのリアエンドが上昇し、もう2人乗れるスペースができる。調整可能なリアエンドは、空気力学を最大限に活用することで省エネを実現している。

同社の創立者Frank Rinderknecht氏によれば、ドライバーのニーズに合わせて変化する、軽量で無駄がなく効率的な排ガスゼロの「個人の移動性」を作ることが、この車のコンセプトだ。キャノピー――ドアはない――からイグニッションまで、すべてをiPhoneで制御できる。

車重は1050キログラム。推進力は150キロワットのモーターで、富士重工業(スバル)の『インプレッサWRX』から取り出した6速トランスミッションと組み合わされている。時速0キロから96キロまでおよそ4.0秒で加速し、最高スピードは時速約220キロ。これは抜群の加速力を誇る電気自動車『Tesla Roadster』の領域に入っている。

電源はリチオムイオン・バッテリーで、2種類のスタック配置――短距離用と長距離用――を利用できるとRinspeed社は説明する。ただし、バッテリーの仕様とメーカーについては明らかにしなかった。

車内には米Harmon/Kardon社製のインフォテインメント・システムとナビゲーション・システムを搭載しており、目的地までの最もエネルギー効率の良いルートを決定して、ルートを3Dで表示することができる。

ルーフトップのソーラー・パネルで発電した電気でファンを回し、車内の温度を調節する。これはRinspeed社が、トヨタ自動車のハイブリッド車『プリウス』と、米Fisker Automotive社のプラグイン・ハイブリッド車『Karma』から拝借した技だ。内装には、「エコ・コンシャスな」紡績・染色のウール素材が使用されている。
------------------------------------------------------------
20090219082158
私は路駐の車でお留守番。「いっしょに」って誘ってくれるけどね。

いっぱい手をふって。
20090216182443
去年は購入したものを娘に持たせて「ハイ」させてみたら、中身に興味を持つ事もなくイベントとして軽く終了(笑)。

ちょっと早いかと思いつつも、今年はいよいよ手作りに挑戦してみた。
当然ほとんど私が作るのだが、卵を割って混ぜる音がするとすっとんでくる娘、とても楽しそうだった。もらったお父ちゃんも嬉しかろう。

作ったのは実に簡単なチョコチップクッキー。ボールに入れて混ぜるだけ。混ぜた生地をスプーンで天板にのせるステップ、飽きずに頑張ってやってました。焼いている間はオーブンにはりついて見守っておりました。

さて次は何を作ろうかな。
20090210135719
20090210135717
20090210135715
タイヤがついているそうです。ある意味、EV。
20090210095750
この電車で出勤中。
ちょっと揺れるモノレールって感じ。
ちまちまとEVの話を書いてましたが、今度はバイク。

世界一早い電気バイクというのはココにあったけれど、
今度のはレース用じゃなくて実用向きかな。

ミッション1(ミッションモーターズ)

シンプルだな。


大型バイクが路駐しているところを、子供と散歩で通りかかると、ちょっと緊張する。
露出したマフラーとか、ちょうど子供の高さなんだよね。(手つないでますけどね。)
最近のは熱くなかったりするのだろうか。
でもよく考えると今も昔も触ったことはない。熱いよね?熱いの?
体力測定や学力テストの結果、例年のように上位に位置し、
文武両道であることが示され、折しも大阪府の不甲斐なさに怒る橋本知事とあいまって
話題になった記憶があたらしい福井。

---------------------------------------------------
福井っ子視力低下 虫歯は減少 長身で座高高 県速報(福井新聞)

 福井県が5日発表した本年度の「学校保健統計調査」(速報)によると、裸眼視力1・0未満の小中学生の割合が全国平均を上回り、過去5年間で最も高くなっていることが分かった。一方、虫歯のある児童生徒は小中高生でいずれも減少傾向を示しているが、全国平均を上回っている。
(中略)
 座高は15歳女子(86・3センチ)が全国1位になるなど、男女合わせて10の年齢階層で同3位以上となり、座高が高い傾向が浮き彫りになった。
---------------------------------------------------

座高かぁ。嬉しくないなぁ。
最近世間をにぎわしている「円天」ですが、妙なことが気になりました。私だけでしょうか?

ニュースで連呼されておりますが、その度に思い出されるのが、アノ有名会社。

・・・・・・・。
いや、関係ないと思うよ、普通に。
でもさ、気になっちゃうんですよ・・・。

で、ちょこっと調べてみた。

-----------------------------------
<楽天株式会社の社名ネーミングの由来>
戦国時代、新興商人に対し城下町での自由営業を許した商業政策「楽市楽座」に、自分の境遇を天の与えたものとして受け入れ、くよくよしないで人生を楽観することを意味する「楽天」のイメージし、「楽天市場」というサービス名が生まれ、社名は楽天とした。

【DATA】
商号:楽天株式会社
業種:サービス業
URL:http://www.rakuten.co.jp/
-----------------------------------
ココから拝借。)

で、円天というのは、Wikipediaによると、2001年に作られたらしい。

楽天は1997年らしいので、どっちかっつうと被害者だな。

ちょっとすっきり。
各家庭悲喜こもごもかも。

おかあさんといっしょ:9年ぶりキャラクター交代(毎日)
「ぐ~チョコランタン」 → 「モノランモノラン」

キャラクター写真はココにいっぱい(毎日Web)。

こういうのって、いきなり切り替えるのでなく、
じょじょに登場させて前のをフェードアウトさせるやり方じゃいかんのかしら。
子供相手なんだし。

うちの娘は保育園に行っているのもあり、休日くらいしか見ないのでうちは影響少ないかもしれないが、
毎日見ている家庭だと影響あるだろうなぁ。

昨年12月まで、NHK教育で7時40分から5分間、ペネロペのアニメを放送していた。

うっかりペネロペ「家族っていいな編」 [DVD]うっかりペネロペ「家族っていいな編」 [DVD]
(2007/05/23)
不明

商品詳細を見る


娘はペネロペが好きで、これが始まると喜ぶので、
喜びにじょうじて「ペネロペ終わったら保育園行くよ」と声をかけると比較的スムーズに出かけられた。

ちょうどオトンが出張不在で、朝出がけにグズりだしていたものだから、
たいへん重宝していたしありがたかった。

年あけて1月最初の月曜日、朝7時40分に、いきなり私は固まった。
ペネロペ放送が終わり、新たなアニメが始まったのだ。

やさいのようせい N.Y.SALAD ~あつまれようせいたち [DVD]やさいのようせい N.Y.SALAD ~あつまれようせいたち [DVD]
(2008/02/29)
原田知世

商品詳細を見る


個人的には好きだが、『ペネロペ→やさいのようせい』を娘がどう受けとめるかが問題だ。

月曜日、娘はペネロペじゃないという顔をしたものの、すぐにニッコリ笑って、
「これ おもしろいよ」と上機嫌で教えてくれた。
(やさいのようせいのアニメ自体は初めてじゃなかった。)
ほっとした。

火曜日、普通に見ていた。

水曜日、「ペネロペ ない」と半べその顔に・・・。
さすがに気がついたらしい。
慌てて「またペネロペ見れるといいね、これおもしろいね」と盛り上げて、現在に至る。


致し方ないことだと思うけど、子供にとっては理不尽な話だろうな。
好みのデザインというものはあるものの、
ああ自分って本当にガルウィングが好きなんだなぁと思った。
記事はMSNのものだが、写真はこっちが詳しい。
JJADはココ

価格がものすごいことになっとる・・・。
こうなるともうEVでなくても作れるけどな、たぶん。

----------------------------------------------------------------
英国からEVスポーツカー…2012年市販予定(MSN 1月29日)
英国のJJAD社は23日、EVスポーツカー『P1-E』(仮称)の概要を明らかにした。2個のモーターを搭載し、0-96km/h加速2.9秒のパフォーマンスを想定している。

JJAD社は元マクラーレンのデザイナー、Jim Dowle氏が設立したデザインエンジニアリング会社。2008年2月に「プロジェクト001」というスポーツカーの市販計画を公表した。今回のP1-Eはそのプロジェクトを現実化させたものである。

P1-Eは2シーターのEVスポーツカー。ランチア『ストラトス』の影響を受けたというデザインは、ボリューム感たっぷりで、強烈なオーラを放つ。ドアは『マクラーレンF1』のように、ガルウイング方式で開閉する。

デザイン以上に斬新なのがパワートレーン。2個のモーターを車体前後に搭載し、それぞれが前後アクスルを駆動する4WD方式を採用する。2次電池はリチウムイオンバッテリーで、重量配分に配慮して車体中央の低い場所にレイアウト。ボディはカーボンやアルミの複合素材で作られ、車重はわずか1055kgに抑えられている。

2個のモーターは最大出力390ps、最大トルク81.6kgmと強力そのもの。その結果、P1-Eは0-96km/h加速2.9秒という驚異的な加速性能をもたらすという。航続距離に関しては、最大370kmと実用性を確保。減速時に電力を蓄える回生ブレーキも装備している。

P1-Eは2009年中にプロトタイプを公開し、2012年に限定500台程度を生産する計画。価格は約5万5000ポンド(約6700万円)と見込まれている。果たして、マクラーレンF1のようなインパクトを与えるスポーツカーとなるだろうか。
----------------------------------------------------------------



| ホーム |