WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

3ヶ月の期間限定シングルマザー生活が終わりました。
ダンナ、無事帰国しました。

で、延々寝ております・・・。昼寝の娘と一緒に寝てます。
昼食後、12時半か1時くらいに寝付きましたが、まだ寝てます・・・。

いつも家だと1時間半ほどしか寝ない娘なんですか、
一緒になってまだ寝てます・・・・。親子だ。

夜寝なかったらどうしよう・・・。そろそろ起こすか・・・。
スポンサーサイト
情報収集能力の高い知人。

Harryさんところでミュージックナビなるものを知った。

ミュージックナビ

Youtubeなんだけど、Youtubeを見るというよりバックミュージックで色々見て聞ける感じ。
アルバムの中の曲として、連続再生してくれるのがとても快適。
休日に流しておくにはもってこい。
前から見てみたいと思っていたPerfumeとか見れて満足。
(Youtubeで検索すればいいだけだが。)

Youtubeになかった『Amazonでぽちっとな』もあるのでGood。こうあるべきだと思ってた。

Youtubeから検索できるシステムのようなんだけど、
著作権的にはどうなんだろう。
ベストテンとか昔の音楽番組で放映された映像っぽいものも
結構出てくるんだけど。

Promotion Videoって秀逸なものも少なくないんだけど、
どこかで売っているものなのだろうか(無知)。


20090130134352
ここ。
早く着き過ぎだけど。
久しぶりに自分で高速運転だし。初ETC。
おしゃべりな娘、2歳6ヶ月。語彙もどんどん増える。

「今日は保育園で何したの?」

「むすめちゃん、やきそば つくったの」

(本当に作ったわけではなく砂遊びだったり見立て遊びだったり色々)

焼きそば作ったは初めて聞いた。

「へー、美味しそうだね。何が入っているの?」

「んー、スパゲティ」


・・・。
娘、それは焼きそばではないでは?

でも、細い麺つながりという事で、かなり脳細胞もつながってきているらしい。
安心していいのか。
最近の学生は知らないが、学生というものは「金はないけど暇はある」と昔から相場が決まっている(はずだ)。で、金がないからこそ、頭を使って何かやらかす、それは良いことばかりではないかもしれないが、そういう期間があってこそ将来某か成し遂げられるものなのかもしれない、と思うのだが。

-------------------------------------
1人乗り電池自動車など展示 250社が車の電子技術展(朝日新聞)

第1回国際カーエレクトロニクス技術展が28日、東京・有明の東京ビッグサイトで始まった。国内外から250社が出展し、アジア最大規模。会場にはリチウムイオン電池で走る1、2人乗りの電気自動車も展示され、関心を呼んでいた。30日まで。

 電気自動車のほか、自動車の電子化や電装機器に関する最新技術を展示。飲酒して乗るとエンジンが止まるシステムなども体験できる。

 商談や受注のための業者向けイベントだが、一般の入場も可能。有料(5千円)だが、ネット(http://www.car-ele.jp/)で招待券を入手できる。学生は入場不可
-------------------------------------

入れてやってくれよぉ、ちょっとぐらい。
将来を背負う技術者になるかもしれないんだし。
学生の質が下がったとはいえ、何人かは原石がいるかもしれないんだし。

「未来の車」が現実味を帯びていくと「将来の車」になるのかな、コンセプト的には。
未来の車というのは斬新なデザインを持ち、憧れを呼び起こすものであるべきだ。
だからモーターショーで打ち出される将来性というのに興味がある。

最近は未来の車だったEVが現実的なものになりつつある。
ジュネーブモーターショーの話題は結構楽しい。
日本ではアメリカのビッグ3が、不況で東京モーターショーに登録していないという話があったが、
はなから期待していないので私的にはどうでもいい。
スペースが空いて、混雑状況が緩和されるなら大歓迎。

で、最近のEV小ネタ。
----------------------
ドイツから超未来的な電気自動車(MSN 1/22)
ドイツのEDAGグループは20日、コンセプトカー、「ライトカー・オープンソース」のイメージスケッチを公表した。インホイールモーターを採用して、革新的なスタイルとパッケージングを実現した近未来のEVだ。
----------------------
世界最速スーパーカーが EV計画(MSN 1/24)
米国のシェルビースーパーカーズ(SSC)社は21日、『アルティメットエアロEV』の投入計画を明らかにした。ガソリンをいっさい使わないピュアEVで、『アルティメットエアロ』が2008年に記録した最高速434km/hを上回る性能実現を目指す。
----------------------
三菱 i MiEV SPORT AIR を世界初公開(MSN 1/27)
三菱自動車は、3月3日から15日まで、スイス・ジュネーブのパレクスポで開催される第79回ジュネーブ国際自動車ショーにコンセプトカー『i MiEV SPORT AIR』を世界初公開する。
----------------------

未来的な車には未来的なデザインが楽しい。
でも、現行モデルや、現実(量産化・商品化)は壁になるんだろうな。
ああ、今週も積み残した仕事が一杯・・・・・・切ない。

飛び込みのボス仕事抱えて頭がプスプスしてた時、
そのメールはやってきた。
もちろん仕事で、今抱えている重要なプロジェクトなのだが、
メール本文中に、


先週の事だが、仕事の積み残しがたまっていて
かなり気に病んでいたからか、
『週末にセンター試験なのに、何の対策もしてないどころか、受験勉強自体かなり不十分』
ということに悩む悪夢を見た。
夢の中で山のようになっていたのは
手が付けられていない仕事の山だったので、非常に寝覚めが悪かった。

今週もまた積み残しの連続で、受験生が追い込まれるような切ない気持ちになっている。
(意味不明・・・)


----------------------------------------------
合格お礼相次ぐ受験生の味方「ダルマ」 小浜で生産ピーク (福井新聞)

 本格的な受験シーズンを迎え、小浜市福谷の民芸店で、漆で作る名物の「合格ダルマ」の生産がピークを迎えている。同市の神宮寺で祈とうしてもらったダルマは、「絶対に転ばない」ように形を工夫。おなじみの力強い表情で受験生を後押しする。

 合格ダルマを作っているのは「ツカモト民芸センター」の柄本忠彦さん(61)と妻の直江さん(50)。17年前に客から頼まれ、特別に作製したのをきっかけに、以来毎年手作りしている。口コミで人気に火が付き、今では県内をはじめ全国から注文が入っている。

 赤や緑、黄色など色づけした漆を型に入れ、3カ月ほど乾燥させて固めてから台形や三角すいにカット。表面を紙やすりで磨いてつやを出してから一つ一つ顔を描く。最後に表面を保護する特殊な樹脂を塗って完成。すべての工程が手作業で、ダルマは漆の混ざり具合や表情が微妙に異なり、同じものは二つとない。

(中略)

 購入した人からは「合格した」というお礼の電話などが相次いでいるという。柄本さんは「魂を込めて作っている。ダルマを心の支えに自分の希望に向かって前進し、合格をつかんでほしい」とエールを送っている。
-----------------------------------------------

記事写真ではダルマがよくわからないので、ダルマはこちらの写真で。
男前な顔つきである。

ところで、小浜市と言えば次期アメリカ大統領のオバマ氏の応援ですっかり有名だが、
当然このダルマが昨年オバマ氏の元に送られたらしい。


福井新聞2月25日記事(だと思う)
------------------------------
 福井県小浜市は25日、市名と発音が同じで、米大統領選の民主党候補者指名争いで躍進するバラク・オバマ氏に必勝祈願のうるしだるまを贈った。
(中略)
 村上利夫市長の親書を同封し、オバマ氏が上院議員として選出されているシカゴ市の私書箱に送った。大統領に当選した際には、小浜市とオバマ氏のふるさとのホノルル市が、友好都市になることを希望していることなどを記している。
------------------------------

オバマ氏に送られた合格ダルマの行方調査希望~。
というか、もっと宣伝に使えばいいのに。小浜市、つつましすぎる?
で、友好都市はどうなったのだろう。

私は片目ダルマよりも両目ダルマが好き。
成就した両目ダルマはとっておけばよいのだけれど、
祈願達成に失敗した片目ダルマの処理の仕方が、よくわからないから。
そういう理由で買うのを躊躇うってのは、既に負け組なんだろうか。
報道ステーションの特集がおもしろかったのでメモ。

------------------------------------------------------------
『緑の公共事業は救世主か』
アメリカ新大統領のオバマ氏が掲げる政策、石油脱却のための代替エネルギーへの投資
(過去にニューディール政策は大規模公共事業が雇用をうみ、経済を発展させた)
・EVのインフラ整備
  問題点:充電時間が長い、走行距離が短い
  クーロンテクノロジー
   充電ステーション整備
  ベタープレイス
   スタンドでバッテリー交換するアイディア(バッテリー交換ステーション)
   将来的に車本体を無料にし、バッテリー使用料で回収
   モデルは携帯電話ビジネス(本体価格無料、通話料で回収)
・電池開発
  リチウムイオン電池のシェア:日本6割
  アメリカにはリチウムイオン電池製造工場がない
  全米自動車電池連合
   複数の企業が共同で国内に製造工場等立ち上げる計画
   全米自動車電池連合に深く関わっているのがアルゴンヌ国立研究所
   モデルはアメリカ半導体企業連合
   (半導体事業のシェアを日本が占めていた時代に立ちあげられ、
   最終的に日本とアメリカの立場が逆転し、アメリカ復権をもたらした)

クーロンテクノロジー Coulomb Technologies, Inc.
ベタープレイス Better Place、 ベタープレイス日本
アルゴンヌ国立研究所 Argonne National Laboratory (Wikepedia説明
------------------------------------------------------------

代替エネルギー事業は巨額の富をうむ可能性があるし、
研究開発も事業モデル創成もまだまだ未知数。
背景にあるエネルギー省の影って偉大。

日本はと考えると、環境省?経産省?文科省?
省庁枠組みの複雑さと無駄と邪魔さ加減・・・既に負け組の予感?
文科省、経産省、厚生労働省、
枠組みの複雑さと無駄さと邪魔さ加減を、ちょっと知ってる素人の独り言。
大人のための科学力検定(基礎編)

宇宙、生物、技術の各部門、3題づつのクイズ。難易度10、20、30点。
生物ぐらい何とかと思ったが、難易度10でも結構知らない。
宇宙や技術は惨敗。いやいやお恥ずかしい。
自然科学、学び直ししたいなぁ。


ところで、ひょんな事から、そう言えば自分のオリジナルは「菌研究者」みたいなところもあった、
と思い出してみて、思い出にふけってみたりしている。

DSもやしもんが発売らしい。
もやしもん:09年にDSでゲーム化 タカラトミーから発売へ

是非ともキャラクターそっちのけで、発酵学・菌学・菌研究史について深く語る、マニアなゲームであってほしい。だったら買うぞ、買うともさ。
菌研究ってさ、食品にまつわる研究だけでなく、実に実学実益に直結した、
人間の欲望に素直な学問でもあるんだよね。わかりやすーい。
母親の胎内にいた時や、出産時の事を、赤ちゃんや子供(乳幼児)が記憶しているという胎内記憶。
大体は子供の前で大人が話すのを聞いていた、というオチもあるらしい。
否定はしないが、信じてもいない、あれば楽しいな、くらい。

胎内記憶の有無を聞き出すのには、色々自由に話し始め会話が通じるようになる2歳代がいいらしいと聞いていたので、密かに楽しみにはしていた。
あったかい、くらい、明るい、その程度でも楽しい。なので、そういう話をしないようには気をつけていた。


先月、デジカメ写真をPCに取り込むついでに娘とアルバムを見ていたら、
出産前の写真になった。当然、娘は写っていない。
「娘ちゃんは?」と当然のごとく尋ねる娘。
ちょうどおなかが大きい写真があったので、おなかを指さして
「ココだよ。お母ちゃんのおなかの中にいたんだよ。」と教えてみた。
最初は戸惑っていたようだが、何度か話をすると何となく理解したらしい。
でも驚いたのか、黙ってしまったので、話をかえて終了した。

でも夕食時、ふと思い出したように、
「娘ちゃん、お母ちゃんのおなかの中にいたんだよね。」というので、
『キター』って感じになった。今こそ、胎内記憶の有無を尋ねる時ではないか?!!

ちょっとドキドキしながらも平静を装いつつ
「そうだよ、娘ちゃん、覚えてるの?」と尋ねてみた。
「うん、娘ちゃん、お母ちゃんのおなかの中にいたの」
「そうだね、それから?」
「それからね、パカッとして出てきたの!」
(パカッは合わせた手を開く仕草付き)

・・・・・。
えーと、一応自然分娩で、帝王切開ではなかったんだよね。
・・・・・・、ていうか、
それって、既に『ももたろう』のお話が入ってるね。
お母ちゃん、そういう風に桃太郎の話、何度もしたよね。

ハイ、胎内記憶の話、終了~・・・・・。
脳内で「カーン」と鐘が鳴ったよ。
ほぼ毎日おもしろい会話があり、書き留めるところに困るのでココに書き留めております。


昨日お風呂に入っていると、おもちゃとハンカチを使って遊んでいた娘、
「パンをつくろう」とやりだした。

毎日見ているアンパンマンは、ジャムおじさんが毎回新しい顔を作っているし、
『しろくまちゃんのホットケーキ』の絵本は大好きだし、
『Littele pancake girl』という絵本はお風呂の前に読んだし。
感心感心。
色々身に付いているんだなぁ。

「こむぎことにゅうにゅう(牛乳)をいれるの」

ほほぉ

「バターもまぜるの」

ほほぉ、それから?

「さと・・・さといも!」

そ、それはかなり和風なパンだねぇ。予想しなかった。
たぶん砂糖って言いたかったんではないかと。
コレやりたさに大学進学する人がいるかどうかはさておき、
泣いてる学生がいるだろうなぁ・・・気の毒だ。
これが為に留年するという学生が出ない事を祈る。

-------------------------------------------------------
不景気で飛べず? 鳥人間コンテスト、09年は休止に(朝日新聞)

読売テレビ(大阪市)は16日、同社制作番組「鳥人間コンテスト」の今年の開催休止を発表した。昨今の厳しい経済環境のもとで番組制作費を見直す中、安全飛行のためのセットや救助システムなどの予算が確保できないとして決断した。2010年は開催するという。
-------------------------------------------------------

大会事務局からのお知らせ(2008.01.16)。
昨年秋、8年乗り続けた我が愛車ライフを手放した。
ダンナと共に車通勤なので、利便性は言うまでもなかったが、
都会で2台も車を持ち続ける不経済性を追求し、大した不便はなかろうということで、
車検を前にしてガリバー君に持って行ってもらった。
基本街乗りで、走行距離がたいしたことなかったので、まだ買い手があるのだそうだ。

長いつきあいであった。つくばにいた頃に購入し、あちこち遊びに行ったり、
仙台日帰り出張にも活躍した。
(大荷物もって出張し、午前10時に仙台で仕事始めるという、無茶なスケジュールを組まれた。)

横浜に来てからもしばらくは毎週つくばに行っていたし、
都会じゃいらなかろうと早々に手放すつもりだったが、終電終バスぎりぎりという生活に
あっさり車通勤に鞍替えしたし。


当分自分で車を買うつもりはないが、今度買うとしたら何にしようか?
先立つものはないが、お買い物計画は楽しい。
これから発売されるであろう三菱のi(アイ)とかEVは充分候補で、こんなの見つけちゃった。

Gerasole (ジラソーレ)

イタリア車、260万円はお高すぎるが、77万円の補助で200万弱となると、ちょっと近づく。
(でも高い。)
販売代理店が少ないので、そう目にする機会もなさそうだが、
たぶん見た目以上にカートっぽくって、見るのも乗るのもスリルがありそうだ。
でもちょっとイイなぁ、コレ。

保育園に娘のお気にいりのパペットがある。ピンクのブタ、子供の手にぴったり。
3つあるので、『3匹のブタちゃん』。

保育園に到着後、トイレに行くのがお約束なのだが、遊びたがってなかなか行きたがらない。
ブタちゃんが誘うと割と素直に行ってくれる。
脱いだ上着の片付けも、娘はやらないが、ブタちゃんに頼めばすぐさまやってくれた(11月、12月)。
ありがたい存在である。

この3匹のブタ、娘としては名前があるらしく、「ブタ子ちゃんだよ」「ブタ夫ちゃんだよ」と教えてくれていた。ただ、3匹目の名前は出てこないので「ブタちゃん、ブタ子ちゃん、ブタ夫ちゃん」なのか、3匹目の名前があるのかは謎だった。

冬休み明け、園まで歩きながら「ブタちゃんもいるかなぁ、ブタちゃんのお名前、何だっけ?」と声をかけてみた。

「ブタこちゃん」

「そうだったね。それから?他のブタちゃんは?」

「・・・ブタちゃん」

(あれ?忘れちゃったのかな?ブタ夫がいたはずだったけど)

「それから?」

「・・・カバ夫」


か、カバっすか。ブタなのに。
20090114093735
出勤の楽しみ。日本人だなぁ。
たまたま見た「報道ステーション」で米国自動車産業の特集があった。
番組内で見た特集は明日(日本時間13日、正午)からHPで動画配信されるらしい。
とりあえずメモメモ。

番組で紹介された2社のスポーツEV、デザインが似て見えたのは気のせい?


Tesla motors テスラ
・カリフォルニア(シリコンバレー)
・PCのように部品を全世界から集め、カリフォルニアで組み立て(電池:日本製)
・テスラロードスター(ツーシーター、スポーツカータイプ)
・ロータス・エリーゼっぽい
・家庭用電源3~4時間の充電で400km走行可能
・高加速性能
・1100万円(現在60台販売)
・低価格EV開発用に400億円支援を政府に要請

Fisker Automotive フィスカー
(リンク先のHP、音が出ます)
・上部に太陽光充電パネル設置(1週間で8km走行分充電可能)
・モーターショー出展レベル

いいかと思う、さすがに。

20090112145412


保育園で娘が作った作品。
シールはるとか、はんこを押すとか簡単な作業でこういうステキなものに仕上げてくれる先生方に感謝。
保育園でも飾ってあって、「これ娘ちゃん、作ったの!」と何度も嬉しそうに教えてくれた。
もらったので家でも飾ってみたら大喜び。

「おとーちゃんに見せようね」ということにしたのだが、
帰国予定が1月末、さすがに長すぎるかと思い始めた今日この頃。


ブログに書いておけば見たことになる、という話もあるが、
おとーちゃん、ブログ読む習慣のない人だし。
(ここも読んでない)

写真とったからいいか。
膝に座って娘を遊ばせていると、不意に立ち上がり、私の鼻に頭突きをもらった。

思わず「痛い!」と大きな声を出したら、びっくりして振り向き、痛がる私に向かって、

「おちつけ」

笑った笑った。


そうかと思うと、入浴時、「あったかいね~」と声をかけると、

「しややせだね~」(たぶん、幸せだね~)。


NHKのアニメ「忍たま乱太郎」が始まると、「らんたろう、しんたろうだよ」と教えてくれる娘。

それ、オトンの名前だし。



娘2歳6ヶ月の冬。ますますおしゃべり絶好調。
年度内給付金の話はさかんにメディアで取り上げているけれど。

------------------------------
子育て特別手当:親子4人で10万円 年度内支給へ(毎日新聞)
 厚生労働省は8日、08年度第2次補正予算案に盛り込んだ第2子以降の3~5歳の子どもに1人当たり3万6000円を支給する「子育て応援特別手当」について、(1)支給対象は02年4月2日~05年4月1日生まれ(2)第1子の条件は「18歳以下(90年4月2日~05年4月1日生まれ)」--とすることを決めた。支給は08年度限りで、年度内の支給を目指す。定額給付金同様、所得制限を設けるかは市町村が判断する。
------------------------------

この年齢制限は、どういう議論から導かれたものなんだろう?
厚生労働省関連の委員会の議事資料さがさないといけないのかな。
下世話な書き方をすると、この年齢以外の子供が支援されない理由を知りたい。


ところで、定額給付金の話題が盛んで、うちは辞退する理由がないので当然頂戴するが、
何に使うか、ちょっと考えてみた。

答え。貯金する。
最も景気を刺激しない使い方?(笑)。でもこういうご時世だし、私も契約社員で派遣みたいなもんだし。
新年の挨拶もせず、さらっと更新してみたりしましたが、
あいかわらずのらりくらりとやっております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨年年始、出せなかった年賀状、
今年も同様の理由で出せませんでした。
(3人揃った写真がとれなかった・・・orz)

さらに今年の最大の敗因は、
年賀状担当のダンナ、11月から長期(中期?)出張で不在!

でも、
私も住所録持ってるし(たぶんPCのどこかに)、
ダンナ不在を理由に、○で囲われた欠席扱いの集合写真のようにして
作ることもできましたが、如何せん、ダメっす。ダメでした。

うーむ。

どれくらいダメ嫁かというと、
(1)
インク切れにより使えなくなったFAX(コピーとかの複合機)、11月半ばから放置。
インク買いに行くのがたいへん(娘連れて、ヤマ○電機でインク探索なんて・・・)
とか思ってたら、ダンナ買い置きのインクがあると連絡が。
ダンナえら~い、と言ったものの、未交換。
(2)
録画で一杯になったためか、新記録画されなくなったHDDレコーダー、11月半ばから放置。
(定期録画設定のアンパンマン、録画されていない)
たぶん、古いのを削除とかすればよいのだろうけど、
削除がよくわからなくてやってない。
マニュアル出してきて読むのは未試行。

・・・。

普段、私のあまりのやらなさかげんに、
「貴方、ちゃんと仕事出来てるの?」と、しばしばダンナに言われる。
ええ、質問ごもっとも。
やってるよ、色々な測定機器類、操作できるよ、仕事だし。
読んでるよ、マニュアル、読まないと仕事できないし。
一応、なんとなく。

生来の性質として、たぶん「マニュアル読んで、機器さわる」ってのが好きじゃないんだと思う。
ていうか、家電というのは、マニュアル読まなくても操作できるべき、と信じて疑わないんじゃないかと。
しかし、とりあえずやってみる、というステップを踏んでいない怠惰なダメ嫁は棚上げ方式で。


あんまりなので、ダンナ不在で頼めずに自分でやった事を列挙してみよう!
・チャイルドシートのベルト延ばした(娘がでかくなったり、冬服になったり、マニュアル読んだヨ!)
・床暖房のタイマー設定(ボタン1個押してみたら、できてた)
・コンビニで銀行振り込み(我が家の大蔵大臣関連はダンナと言って、押しつけてた)
・コンビニATMでお金おろした
・娘のオモチャの電池液漏れ故障、修理(掃除)→正確には掃除中。

そんくらいか。
そんくらい、普通にやれよって感じ。ダメ嫁っぷり、アピールしただけですた。





最後になりましたが、
年賀状をくださった方々、本当にありがとうございます。とても嬉しかったです。
返信くらいがんばってみようと、(気持ちが)がんばっております。
(去年も思ってたな・・・orz)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ブログものらりくらり、備忘録みたいにやっていくんじゃないかと思います。
気長にお付き合いくださいませ。
20090108140135
携帯投稿テスト。

会社の同僚Mさん(長期出張中)から預かった植物、元気です!

花咲いた。
英語教材12の続きです。

資料請求した4つ、娘(2歳5ヶ月)の反応はどうだったかというと、
圧勝が1つ、圧負が1つ。

Worldwide Kids English(ベネッセ)
ディズニーの英語システム
えいごであそぼプラネット(旺文社、NHKのえいごであそぼの幼児教材)
せさみえいごワールド


見せたのは届いた順、ベネッセ、セサミ、NHK/旺文社、ディズニー。

圧勝はベネッセ、完敗がNHK/旺文社。

完敗というのは、DVDが始まってしばらくすると、おもしろくないのか、
おもちゃ箱の方でうろうろしてた。
時々ちらっと画面に目をやるも、オモチャやぬいぐるみを探しだして私の方へやってきた。
まさに『興味なし』って感じ。

ベネッセはじっと見ていて、終わったとたん「もういっかいみる~」だった。
その後、来る日も来る日もヘビーローテーション希望。

セサミもよく見ていた。しかも途中、ガイド役のティンゴが赤ん坊をあやすも泣きやまないというシーンに「ケケケ」と笑ってたのが印象的。難しいストーリーじゃないからわかりやすく、おもしろいらしい。
しかし終わった後、笑顔で私を見て言ったのは、
「ミミみる」(ミミはベネッセのキャラクター)。ベネッセ強し。

ディズニーも最後まで見ていたが、終わったらそのままスルーでぬいぐるみを持ってきて私と遊びたがった。


ということで、ベネッセの圧勝。


無料DVD目的だったので、目的を達したかと思いきや、当たり前のような落とし穴が。
どれも当然ながら、それぞれのシステムのほんの一部が抜粋されているだけなので、
その長さ10分程度。すぐ終わっちゃう。
何時間も見せるつもりは毛頭ないが、10分ではたいしたことできないし。
10分づつでも合計40分とか出来るかも、とか思っていたが、
それぞれの反応がものすごく違うのでお話にならない。

無料教育素材に、少しの間お守りをしてもらおうと考えた自分が情けない。

こんなに反応がいいのなら購入するのも、下手なおもちゃやアニメDVD買うよりいいかも、
とは思うようになった。ああ、思うつぼ・・・。
でも、結構割高ではあるので考えどころ。



ところで、資料請求後の電話勧誘があるのか?というと、
セサミ、ベネッセはあった。ディズニーとNHK/旺文社は今のところ(既に1ヶ月以上経過)なし。
でも「いかがですか?」の質問に、「見ないんです、子供が」と答えるとそれで終わり。
セサミの場合、子供の年齢を聞かれ「2歳をこえるとかなり日本語が入っているので、それかもしれませんね」と言われた。そういうものらしい。
「でも少し大きくなったら、感心を示すようになるかもしれませんよ」と言われたので
「じゃ、その時にまた試しますね、だいぶ先ですけど」と言ったら、本当にそれでおしまい。
(またかかってくるかもしれないけれど。)
マンションや新聞の勧誘よりあっさりしていて、もらうものだけもらって申し訳ない気分にもなった。


長々だらだらと書いてきたが、これでレポートも終了。
残ったのは、無料10分体験DVDヘビーローテションの日々。むふぅ。
資料請求したのは4つ。

Worldwide Kids English(ベネッセ)
ディズニーの英語システム
えいごであそぼプラネット(旺文社、NHKのえいごであそぼの幼児教材)
せさみえいごワールド

一番早く届いたのは・・・World wide Kids English/ベネッセでした。
他のが遅かったというわけではなく、とにかくベネッセ早かった。
インターネットで頼んだのはほぼ同じ、月曜日が休みの3連休の土曜日だったと思うが、
休み明け火曜日にいきなり届いていた。早すぎ。気合い入ってるなぁ。
他社のは大体2~3営業日後、ってところで普通。

(1)気になる中味について。まず内容物。
一口に英語教材といっても、内容物からしてまず異なる。

ベネッセ
DVD (内容の一部抜粋と教材説明、体験イベントの様子と体験イベントに来た保護者インタビュー)
教材とカリキュラム説明書
保護者への説明書(Q & A)

セサミ
DVD (内容の一部抜粋と教材説明、購入した保護者インタビューと子供が英語話す様子)
CD (教材である英語の歌、5曲)
教材とカリキュラム説明書
保護者への説明書(Q & A)

ディズニー
DVD (内容の一部抜粋と教材紹介、購入し継続使用で英語話す子供がたくさん登場)
葉書

えいごであそぼ(旺文社・NHK)
DVD (内容の一部抜粋と教材説明、教材作成者の自信たっぷりインタビューと利用した保護者インタビュー)
教材説明小冊子
キャラクターシール


(2)送付内容物について。

ベネッセとセサミは、説明するという意味で充実してた感じがする。
セサミの方が音楽CDがついててお得感(笑)。

えいごであそぼは可もなく不可もなく、普通って感じで印象が薄い。

個人的に「どうよ、それ」って思っちゃったのは、ディズニー。
教材の説明冊子も価格説明もなし、DVDのみ。
で、さらに興味をお持ちの方は葉書を送れ、と。
そうすれば無料絵本と音楽CDを送るぞ、と。
ディズニーだし、よっぽど、私みたいな「無料DVDのみが目的」の申し込みが多いと見た。
でも、ちょっとあんまりじゃないかと。
めんどくさいので葉書は送らずにいたら、
1ヶ月後、絵本と音楽CD、価格説明冊子が届いた・・・。じゃぁ最初からセットでよくね?


(3)キャラクター
どのシステムもガイド役や登場するキャラクターがいる。

ベネッセ
  オリジナルキャラクター4つ。ネコっぽいミミとマニ、キリンっぽいジジ、コアラっぽいペピ。
  キャラクターは好き嫌いわかれるところだが、優しい色遣いで明るくかわいい印象。
  ただ、名前がちょっと呼びにくいな。日本語っぽくないってとこだろうが。
セサミ
  もちろんセサミワールドでおなじみのエルモ、クッキーモンスター達が出てくるのだが、
  メインのガイド役はオリジナルキャラクターのティンゴ。
  ティンゴってのは、セサミに出てくるキャラクターを全部たして割った感じ。
  ちょっと派手目でご陽気な感じ。
ディズニー
  当然ディズニーキャラクターで、お試しで出てきたのはミッキー、ミニー、プルート、
  グーフィーといったメインキャラ。いわずもがな。
えいごであそぼ
  テレビでおなじみのモッチとケボ。陽気な歌う外人、ダニエルさん。


(4)体験DVDとか見てみた

ベネッセとセサミ
教育方針とか発音学習の考え方とか、ほぼ同様な印象を受けた。目と耳、触って遊びながら学ぶ、子供向けで好印象。教材も類似してる気がする。
キャラクターばかり出てくるわけではなく、英語圏の子供達も多数出ていて楽しげ。
キャラクターと振れあう子供のようすもあった。

一番の相違点は、セサミはNatural Englishを売り物にしているだけあって、速い。容赦ない。常にべらべらしゃべり続けているわけじゃないが、ガイド役のティンゴも結構速い。
ベネッセはNatural English的な部分もあるが、キャラクターが子供の設定で、ややゆっくりめな印象。ただ、同じ体験DVDを見た会社の同僚によると「日本人っぽい」だそうだ。

Natural Englishって聞こえがいいんだけど、ちょっと不安。だって、親はカタカナ英語だったりするわけで。「子供に発音をダメだしされる」って笑ってる保護者インタビューがあったけど、色々な意味で臆する。

説明冊子は両者ともに非常に充実。よくわかりました、ハイ。


ディズニー
おなじみのアニメを使って英語教材に仕立てているんだけど、「切り貼り」のイメージを少し受けた。もちろんこじつけとか不自然さは気にならないんだが、少し古いアニメフィルムを見てる感じ。キャラクターじゃない、子供達の姿も使われてるが、どうにも古い映画フィルムな感じ。
#個人的な印象だし、全部ではないのだろうと思うが。
アニメーションフィルムとしてはおもしろいから、歴史がある、ということなんだろう。
ミッキー好きにはオススメ。
私にディズニーの思い入れがないから、余計に印象が薄いのかもしれない。
歴史というか自信なのだろうが、英語を話せるようになった会員の子供の映像が多い。
ぺらぺらしゃべってる。もちろん「個人差があります」のテロップ付き。
でも、その自信のせいか、説明冊子も含めて、説明が少ない気がする。


えいごであそぼ、は、うーん、特筆することが・・・(汗)。あくまで個人的な意見ということで。
#書くのに疲れてきたかも。
一言でいうと、説明書もDVDの作りも日本人的。
監修した教授がべらべら自信を語ってもなぁ、権威にありがたみを感じないものには何とも。
シールはお得感なんですが、あんまりかわいくない。NHKが配るシールみたい。
娘的には良いらしく、あちこちシール貼りまくっておったが。


総括すると、こんな感じ。
セサミとディズニーは「このシステムで英語が話せるようになった」という作り、歴史あり。
ベネッセとえいごであそぼは「英語に無理なく親しめます」という作り、まだ発売されて日が浅い。


(5)価格、コストパフォーマンス
保護者にとってはかなり重要。

大雑把に書くと、高価な順に、こんな感じ。
(1)50万 ディズニー
(2)30万 セサミ
(3)20万 ベネッセ
(4)10万 えいごであそぼ

(1)と(4)は選び方で少し違ってくるみたいだけど、
(2)は一括送付、
(3)は、さすがチャレンジのベネッセ、2年にわたり毎月定期的送付で途中退会可。

コストパフォーマンス的にはベネッセかなぁ。セサミの教材内容とほぼかわりないし。セサミはブランドだしな。
でも、「これで英語が話せるかも」とか思っちゃうと、ディズニーとかセサミなんだろうな。



ここまでは保護者目線。一番大事なのは子供の反応だろう。


長くなったので、このへんで。
さて、うちの娘に最もウケたのは、どの体験DVDでしょう?なんちて。
| ホーム |