WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

生涯一研究員、年齢によって出来なくなること、頭が固くなること、理解できないことが増える事、
そういうものがあるかもしれないが、私が今の仕事につくときに描いた夢である。
しかし、そういうのって許されないらしい、とも日々実感してみたり。


---------------------------------------------------
取締役退任。生涯一プログラマ宣言。

今後は一プログラマとして会社やコミュニティへ貢献していきたい。今年でわたしは50歳になる。いい年したおっさんである。とっとと技術屋なんかは引退してマネージメントの仕事でもしていろよという声も聞く。40代はミラクル・リナックスの取締役としての立場(?)もあったわけだが、それも退任したことだし、50代は、わがままを言って現役のプログラマに戻してもらった。はたしてプログラマとして使いものになるのか、ならないのか、不安がなくもない。この年で新しいことにチャレンジすることの難しさも知らないわけではない。

人生、綺麗事ばかりではない。いいこともあれば悪いこともある。上手くいくこともあれば上手くいかないこともある。成功もあれば失敗もある。家族には苦労をかけて申し分けないと思う。給料も役員報酬がなくなったので減ってしまった。子供の教育費も家のローンもある。

それでもと、思う。人生再チャレンジである。いくつになってもチャレンジである。

潔くない生き方かもしれない。ばたばた足掻いている。この歳でまだプログラマに拘るというのも相当見苦しい。でも、それがわたしなんだよなあと思う。
---------------------------------------------------

分野外なので、吉岡さんと言う方がどういう経歴で、どういう現状にあるのか知らない。
Linux開発に関係したプログラマで、取締役まで任された、すごくてエライ人らしいということしか、
わからないのだが、こういう人事がごまかしでなく、文面その通りならば、すごいなぁと思う。

こういうのもキャリアパスとして認められるとよいと思う。


どの業界であっても、ヒラのぺーぺーからスタートし、「長」や「リーダー」と名が付くものに昇格していくのがキャリアパスとして提示される事が多い。
でも、それ以外のキャリアパスだってあるべきじゃないか。

サッカーの三浦知良選手が「現役」にこだわりつづける姿も、すばらしいといつも思う。
Jリーグ誕生イベントの際に、華々しく登場した三浦選手をかっこいいと思うことはなかったが、
前回のワールドカップの代表選手に選ばれなかった時、
コメントをとりに来た記者に、「じゃ、南アフリカで」と答えていたのは
とてもかっこいいと思った。

もちろん、某以上の能力がある人だからこそ、「生涯一○○」がかっこいいわけだが。
スポンサーサイト
結局、出張は13日(日)出発になりました。

11日(金)出発を頑なに主張したボスに、頃合いを見て14日(月)出発を提案したところ、あっさり承認。

しかし、飛行機の便が取れず、結局13日、という経緯です。

12日はささやかですが、お祝いをしようと考え中。

ダンナ、11日のiPhone発売を考えつつも、正午発売というニュースを聞いてがっくりこん。
「0時発売でしょう、やっぱり」と独り言。

0時なら、列ぶ気だったらしい。「だって、楽しそうじゃん」だそうで。
いつから列べばよいのだろう。
東京・表参道は9日夕方で既に12人程度らしい(↓)。
【戸田覚のiPhone行列チェック!】なんかとっても楽しそうだぞ!?

確かに楽しそう。

見たい映画とか、時々備忘録的に書いてますが、見れたためしがない・・・。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008年8月2日公開、公式ページ) 

押井守監督作品だし、空がテーマだし、見たいなぁ、と思っているアニメ好きなワタクシですが、
何と「攻殻機動隊」がリニューアルらしい。
#『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995)

ああ、見たい。
久しぶりにレンタルして見なおそうかと思っていたところだし、何てタイミング。





アニマックスで攻殻機動隊S.A.C、2nd GIG、延々放送しているのを、
時間が合えば延々見ているので、そろそろDVDボックスとか買ったら?という気もするのだが。

昔、うちの会社に所属していたスウェーデン出身のAさんと皆で食事していた時、
映画好きのAさんに『GHOST IN THE SHELL』を話題にしたら、普通に通じたのが懐かしい。
| ホーム |