WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

ばくさんの質問について、少し書いてみようかと。
(質問については、この前のエントリーのコメント参照)
といっても、私も完璧な答えではなく、考えている内容を整理しているだけなのですが。


> ・成果主義、裁量労働制とあわせた、経営者の人件費削減政策となる可能性

「総額としては増える方向にしか行かない」は、その通りだと思いますが、
ではそれを「Yes」と考える経営者がどれだけいるのでしょうか?
人件費を減らす方向で派遣雇用が増えている現実は間違いないし、
人件費を減らす方向で色々な部門のアウトソーシングが増えているのも現実です。
つまり人件費が増えるという事は、経営者の誰も望んでいないのです。
まずこれが考える上での大前提となります。
(経営者の考え方を変える事が出来るのは、政策や制度による強制力しかないでしょうね、
罰金や社会的制裁による痛みを伴わないと。)
従って、ワークライフバランスをプラスにとらえる危険性を考えるわけです。
成果主義、裁量労働制は、雇用者が働く形態の自由度を増すみたいなふれこみでしたが、
結果的には人件費削減が達成されただけ、という話もあります。

と私が考える以上、
> 雇用状況がワークライフバランスの障害になっている可能性
これは無視できません。
成果主義、裁量労働制についてと同様、雇用保障がある正社員の場合とそうでない場合(契約制とか)は随分違った意味合いを持たざるを得ないと思います。
ワークライフバランスを取った結果として、次の雇用に影響が出る事が否定できないのが現在の状況だと思います。
例えば、男性の育児休暇取得率が低い日本、育児休暇を取る時に、今後の出世や雇用を心配しない人がいるでしょうか?(心配せざるを得ない状況を問題視しているだけで、男性の育児休暇を否定しているわけでは決してありません。)


> ・個人が自分の生活スタイル、仕事スタイルを見つめ直す必要がある。
> ・自分以外の人のワークライフバランス(スタイル)を尊重
> ・会社から与えられるものではないが、トップダウンの経営戦略であるべき。

「私が考えるためのポイント」としてとらえている内容ですが、
前提条件というよりは、ワークライフバランスの中身に直結すると考えています。
生活スタイル・仕事スタイルの理想型は個人によって異なりますし、それが望みうる範囲のものか、能力外のものか、判断が難しいと考えます。
自分以外のワークライフバランスを尊重する、というのは前提条件かもしれませんね。
ただし、経営者が考えるワークライフバランスと、雇用者が望むワークライフバランスは必ずしも一致しません。溝が存在する以上、この溝を常に考えておかねばならないと思います。尊重するだけでは解決しないように思います。
「会社から与えられるものでない」のは説明不要でしょうが、
経営者が労務管理を含めた戦略としてとらえ、経営者自らがワークライフバランスを提示できないと実現できないと思います。
サービス残業を自己啓発としてとらえる上司では駄目なのです。


だらだらと書いてしまいましたが、そんな事を考えながら、色々困ってます。
まだまだ考え中で、ディベートできるレベルに全くないのですが。
直近のコメントだけ適当に、無難にこなせばいいのかもしれませんが、
いづれ、対策とか色々要求されるような気がするので気が重い。
スポンサーサイト
仕事で
『それぞれの立場で考えるワークライフバランス(仕事と生活の調和)について』
コメントを求められて、ちょっと困っている。

Wikipediaによると、ワークライフバランスの定義はこうらしい。
------------------------------------------------
ワーク・ライフ・バランスは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。 日本では少子化対策・男女共同参画の文脈で語られることが多いが、出生率向上・男女均等政策のみならず、労働時間政策、非正規労働者政策など働き方の全般的な改革に関わる。 平成19年末、政府、地方公共団体、経済界、労働界の合意により、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」が策定され、現在、官民を挙げて様々な取組が進められている。 政府は、ワーク・ライフ・バランス推進のため、国民運動「カエル!ジャパン キャンペーン」を開始した。
------------------------------------------------

最初はコメントなのだが、後々、此に関する意見を要求されるのは目に見えてるし。


私の立場で、ということで答えるとすると
・私に関しては、ワークライフバランスは絶対に成立しないと思っている。
・成立させるためには、転職が必要。(なんて極端な)
以上。
となり、コメントとして提出するのも躊躇われる。


少し整理しておく。
<ワークライフバランスを考えるためのポイント>
・個人が自分の生活スタイル、仕事スタイルを見つめ直す必要がある。
・自分以外の人のワークライフバランス(スタイル)を尊重
・会社から与えられるものではないが、トップダウンの経営戦略であるべき。
・雇用状況がワークライフバランスの障害になっている可能性
・成果主義、裁量労働制とあわせた、経営者の人件費削減政策となる可能性

ワークバランスって、労務管理政策なのか福利厚生政策なのか、どっちかね。

ああ、だんだん重たくなる。
ていうか、
仕事しかしていない、自分の時間の全ては仕事に費やしている、寝ていない、等を
豪語する上司のもとで、ワークバランスのコメントなんかしたくない。


ああ、もう少し前向きになろう。

皆さんの考える、自分の立場でのワークライフバランスって何ですか?

#丸投げ方式・・・すんまそん。
------------------------------------
児童が働く意義学ぶ 小浜で「職育教室」 (福井新聞)
小中学生に働くことの意義を知ってもらい将来の職業を選ぶきっかけにしてもらおうと、小浜商工会議所は24日、第1回「職育教室」を小浜市松永小で開いた。市内の若狭塗箸(ぬりばし)メーカー社長が、塗り箸についての知識や仕事をする上で大切な心掛けなどを話した。
------------------------------------

なるほど、職育ね。そのうち言葉としても根付きそう。

中学生や高校生の職業体験授業も、根付いたのか、最近記事では見かけない。
娘が通う保育園には、近隣の中学校から来てますね。
オリジナルのおもちゃを作ってくれたり、がんばってるみたい。
保育士は昔から割と人気でしたね。

職育ってのは、実は大人の世界にも大切だったりしますが。
ちょっと意味が違ってくるけれど。


若狭の塗り箸ですが、連続テレビ小説の影響か、
こっちのスーパーでもちょくちょく「直販」って看板と共に見かけることが増えてきた気がする。

こんなものを発見。

『アンケートツクレール』

アンケートを簡単に作成して集計、解析・分析をしやすくするらしい無料サービス。
シンプルで使いやすそうで、なかなかよい。
ちょうど仕事がらみでアンケート文面を考えていたところで、あら便利と思ったが、ちょっと待て。

これ、集めた情報の利用に関しての言及が全くない(6/20時点)。
アンケート作成者の利用に関しては、作成者が公開する相手に対しことわりを入れるのだろうが、
このアンケートHP主催者も当然見れるし、利用できない事はない。

言及していないということは、「当然利用しますよ」って事だと読める。

アンケート内容を考える必要も、募集する必要もないのに、
情報が蓄積されるってことか。

色んな意味で、便利な時代になったんだね。

と言っても、母集団(アンケート対象者)に関する分析は複雑になるはずだけど。
売る方も買う方もお気をつけあそばせ、ってとこか。
そういう分析のノウハウもどっかに貯まってるのだろう。
本当のタイトルは「今日の福井」なんだけど。

“黄金”とれた! 福井で「金福すいか」収穫
福井市の特産化を目指す小玉スイカ「金福すいか」の収穫が十九日、同市白方町で本格化した。
農業煙草(たばこ)屋米子さん(68)のハウスでは、煙草屋さんが丸々と黄金色に育ったスイカを一つ一つ丁寧に収穫していた。
----------------------------------------------

ココで栽培の様子が。

キレイでおめでたい感じ。目をひきます。全国ニュースでも取り上げられるとよいなぁ。


海外出張。
Mさんは先日海外でも使える携帯に機種変換したっけ。
ダンナも2年前の臨月近い時期の海外出張の時、海外で使えるのに機種変してた。

あ。
そういえば、その携帯、海外で行方不明(落とした)になって、めんどくさかったなぁ。

嫌な予感。

あんまり尋ねたくないけど、尋ねてみた。
ダンナ携帯、海外でも使えるやつだっけ?

「ううん!hearts
ちょー、嬉しそうだな、ヲイ。

まさか、また出張前に機種変しようとか思ってる?

「うん!iPhone出るしね!!hearts

孫さんのばかぁ~!(泣)


ん?待てよ、確か・・・
iPhone販売って、間に合うの?

「え?」慌てるダンナ。「あ!11日だ!うーん、困ったなぁ。」

諦めたまへ。家電類は当分買わないって、ついこの前言ったとこだ。

「出発日、14日(月)になんないかなぁ」
ソコかよ!

「空港に売ってないかなぁ」

絶対売ってない。
「最近のダンナ」って項目を作りたくなるくらい、ネタ満載のダンナ。


某日の電話会議。
ダンナの海外出張日程がほぼ決まったらしい。

帰宅したダンナ、嬉々として、「聞きたい?聞きたい?」

いーから、話そうよ。行きたいのは知ってるからさ。

「7月7、8日にボスが出張であっちにいるらしいから、一緒にって話になったんだけどね」

ふんふん。

「(一緒に行く)Mさんがね、10日は○○でどうしてもダメなんだって。」

あー、それは仕方ないなぁ。でもMさん、言いだしにくかったろうなぁ。
気の毒。

「それでね、11日(金)出発になった。週末はさんじゃって、変な日程なんだけどさ。」

え?11日出発? ていうか、なぜに嬉しそう?週末遊べるから?

「だからさ、本当は3日ぐらいで済むかもしれないけど、1週間くらいかかっちゃうかも~。」

あー・・・。

「俺、週末ハーバードでご飯食べて来ようっと。
あ、Nさん、ハーバードだよね!一緒にご飯食べれるじゃん!」

・・・楽しそうだね。

「あ、いや、ホントはさー、もっと短くて済むかもしれないんだけど、
やっぱMさんが行けないからさ~hearts

ほほぉ。
Mさんのせいで、もっと早く帰ってきたいのだが、長めの滞在だと言いたそうだな。

しばし盛り上がるダンナ。楽しそうだな、ヲイ。


とりあえず訊いてみる。
あのさ、それで11日出発でOKしてきたの?

「うん」

何のためらいもなく?

「うん、何かあるの?」

えっとさ、12日って、娘ちゃん、2歳のお誕生日で、
土曜日だから何か記念になる事しようって話じゃなかったっけか?
11日出発って事は、不在だよね。



ダンナ、動きが止まりますた。

ええ、もちろんそのまま放置しますた。
最近うちでは娘の誕生日が近づき、
「何歳?」「2しゃーい」を仕込んでみたり、それなりに盛り上がっている。
(ものすごく特別な事はしませんが。)



娘のことで役所にとある申請をしたダンナ。
(うちでは、公的機関対応はダンナ対応という暗黙のルールが。)

申請は親が代理で出来るが、受け取りに行くのは本人が必要ということで
先週の日曜日、二人で散歩がてら出かけていった。

急遽オムツ交換が必要になったのに、男性トイレに交換台がなくて慌てたり、たいへんだったらしい。

「何がたいへんってさぁ、娘の生年月日訊かれて、答えられなくって!」

はぁ。 確かに所詮数字だからね。

「2007年って言ったら、係の人が首ひねってしかめっ面するし、何が間違ってるかわからなくって困っちゃった。」

・・・そこか。わからないこともないけど。


そんなダンナ、もうじき「お父さん歴2年」です。
放置しっぱなしですが、そろそろ復活します。

いえ、別に暇になったとかそういうわけではないのですが、
近況報告兼ねてるのを思い出した、って感じです。

#忘れてたわけじゃないんだけど、ぶつぶつ。


最近のむすめさん、
2歳の誕生日を前に
「何歳?」「2しゃーい!」を仕込まれ中。
| ホーム |