FC2ブログ

WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

一社会人の戯れ言。

最初から最後まで自分一人で仕事が完結する事はまれである。
たいていの場合において他人とかかわらざるを得ないし、
だからこそ人との関わりをうまく処理するのは必須なんだがスキルである。

スキル如何に関わらず、誰かと関わるとストレスが生じることが少なくない。
後輩とか部下だったら、アドバイスしたり説明してみたり。
それで溜飲が下がることもある。

しかしながら、既に矯正しようがなさそうな同僚とか、言うに言えない先輩の場合、
むっとしてもやもやする。
私は気が短い。

もっと効率がよいやり方があるだろう、
それはあんたの仕事だろう、
もうちょっと整理したデータ見せてよ、
そんなずさんな報告はないだろう、
そんな説明じゃわからない、
何でそうなるの、

等々日々事欠かない。
自分がいつも正しいわけではないが、納得いかないことはある。
客観的に見て、自分が間違っていないと思うとストレスになる。
でもこういったストレスの多くは
「仕事のやり方が自分と異なる」事に起因するのだ。

『効率がよい』『整理されている』『ずさんな』というのは、
客観的に考えてそう見えたとしても、
決めるのは個人それぞれ主観的である。

そこでこの仕事に対する個人の主観性について
『俺様クオリティ』と名付けてみた。
誰もが自分のやり方が間違っていると思ってやっているわけではなかろう。
「これでよい、悪くはない」と思っているのだ、
個人個人の価値観で。

むっとする事や納得いかないことがあって、少々話をしても無駄そうなときは、
『俺様クオリティが違うから』と思ってみると、ちょっと落ち着く事に気がついた。

良いとか助かると思った人さまの仕事っぷりは取り入れ、
なんじゃそりゃと思ったら「俺様クオリティが違うから」とあきらめる。

以外と便利な言葉だ。
スポンサーサイト
| ホーム |