FC2ブログ

WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

大量の仕事抱えて帰宅する日々が続いているので、書いている場合じゃないのだが、とりあえず書いてみる。覚え書き、そのうちきちんと調べよう(希望)と。


母乳中に新種の汚染物質 PCBに似た臭素系化合物(産経Web)

母乳とダイオキシンという話が出てから随分になる。記憶している人は少なくないと思うが、その話がどういう結論になったか、はっきり言える人どれくらいいるのだろうか。

色々調べて書くべきなのだが、覚えている範囲でとりあえず書き殴り。
この話題の問題点等は下記(順不同)。

①本来環境問題として議論されるべきものが、母乳を与えるべきかべきでないかの、問題点のすり替えが行われる場合がある

②ダイオキシンを含む母乳を与えた場合の影響については、疫学調査として評価できる結果が得られているのか?

③そもそも疫学調査の方法論は大丈夫か?
(例えば授乳の最初と最後で含有成分の濃度は異なるはずだが、測定条件は同一なのか?)

④(③と関連が深いが)調査の統計処理上の問題点が多数指摘されていたはず
(個人差が大きい問題であるが、個人差を容認しうる検定数(調査対象者数)についてきちんと議論がなされているのか?)

②③④の問題が大きすぎるため、母乳中のダイオキシンに関する明確なものが得られていなかったと記憶している。疫学調査は本当に重要である。近年話題になったアスベストによる中皮種だって、治療法や発ガン機構が明らかでない理由は、疫学調査が十分でない(ちゃんとした疫学調査が行われていない、疫学調査のためのマーカー等が十分でない)事と大いに関係している(と思う)。

記事で何が問題か?私はいったい何にむかついているのか?
新たな毒性成分の発見というだけなら、どって事ないのかもしれない。

-----------------------------------------
コプラナーPXBはこれまで毒性評価の対象になっていないが、研究グループは、毒性はPCBに匹敵すると考えられると指摘。母乳中の有害物質が乳児に与える影響が過小評価されている可能性があり、PCBなどとともにコプラナーPXBを加えて評価すべきだとしている。(産経Web)
-----------------------------------------
母乳中の有害物質の定義というか、毒性評価に関する議論などが十分につくされていないのに、母乳の有害性が大きな問題であるかのような表現。

-----------------------------------------
「ごみなどの焼却のほか工場の廃水などが汚染源になっている可能性があるが、その発生源について詳しいことは分かっていない」と話している。(産経Web)
-----------------------------------------
汚染源(発生源)との関係は、新物質に限らずダイオキシンの時でもちゃんとした結果が得られなかったはず。(確か前に話題になった時も、ゴミ処理場の近くに住んでいる人とそうでない人との調査とかしてた。)
わからないというか調査不十分でわかっていない事が、大きな問題のようにとれる(私の被害妄想?)。


私は母乳絶対論者でも人工ミルク否定論者でもない。しかしせっかく母乳育児をがんばっている(がんばろうとしている)母親の不安を煽るような記事、特に科学研究の名のもとに書かれる中途半端な記事はどうかと思う。

スポンサーサイト



| ホーム |