WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

トヨタ、新型SUVヴァンガードを発売 市場活性化狙う(朝日新聞)

「セリカワゴンだ」

あー、そんな感じ。(追記あり)

同じ記事がこっちにもあるんだが、
トヨタ ヴァンガード (読売新聞)
この写真に思わず突っこみ。カバーかかった写真載せてどーすんだと。でも違った。写真をクリックするとちゃんと見える。

凝ってるけど、気付かない人多いと思うぞ、それ。


追記
嘘です、クルーガーの後継車だあそうです。えへ。
スポンサーサイト
御大の『お願い』のために、「夏休みの宿題か!」と突っこみを入れていた今週だが、その話はまた。

夏休みの宿題に追われてた記憶も遠くなった。自由研究とかヒントがいっぱいネットにあるので最近は便利だなぁと思っていたら、こんなのがあるらしい。
------------------------------------
自由に使える読書感想文
読書感想文が書けなくて苦労をしている児童・生徒向けに書いたオリジナルの読書感想文。このまま読書感想文をパクるもよし。少しアレンジしてオリジナルの読書感想文に仕上げるもよし。今年の夏休みは宿題の読書感想文から解放されたい君たちのために、学校提出に限り著作権フリー(つまりパクリ・コピペOK)、自由に使える読書感想文を大公開!
------------------------------------

・・・。絶句。そういう子供って・・・。

しかも、親のためのサイトもばっちり、らしい。

■読書感想文のパクリがばれたら……「反省文の書き方教室」
■子どもが学校で悪さをしてしまったときは……「詫び状の書き方教室」
■子どもの悪さがいきすぎて、学校のセンセイに「始末書だ!」と言われたときは……、「始末書の書き方教室」


たいへんだけどさぁ。ねぇ。
ダンナが自分のブログを作って更新していたのを知らされなかった件について。

ていうか、ココの管理、どーするよ、あてにしてたのに。ちぇ。
記事と直接関係ないのだが、

サマーズ氏「米景気後退リスク、同時テロ後最大」 (日経Net)


絶対こっちなんだよなぁ。

さまぁ~ずの悲しい俳句 さまぁ~ずの悲しい俳句
大竹 一樹、三村 マサカズ 他 (2004/08/27)
宝島社
この商品の詳細を見る


おいらだけじゃないはず。
昨日書こうと思ってたんだけど(寝ちゃった)。

子供にテレビってどうよ?って話はよくあるが実際のところよくわからないので、うちでは短い時間で見方に注意する(テレビだけに子守をさせないとか)ということで、時々見ることにしている。時々というのは「みんなの歌」と「ピタゴラスイッチ」、くらい。

-----------------------------------
おしりかじり虫:宇多田超え!チビっ子のハートをキャッチ(毎日新聞)

♪おしりかじり虫~おしりかじり虫~。

番組には今年6月に初登場。一度聴いたら忘れない歌詞とメロディー、曲に合わせて踊るキャラクターが受け、チビっ子の間に浸透した。
-----------------------------------

うちでは大人に浸透しました。

6月7月の月水金は忘れない限り見ていた。娘っこも嫌いじゃないらしく、じーっと見ていた。妙に耳に付くメロディーで、カラフルでポップな映像は実に楽しい。歌詞はおやじギャグもどきでバカっぽくていい。大人的な目線としては、NHKでおしりおしりと連呼しているのもおもしろい。ちなみに振り付けは南流石氏である。オトンはこれにウケてた。

また『おしりかじり虫』とセットで流れていたアン・サリーの『のびろのびろだいすきな木』がとてもよい。覚えやすい私好みのメロディー(半音階駆使)で絶品である。こちらのアニメーションは、歌にあった優しい感じで好き。みんなの歌は音楽と映像でセットだと、しみじみ思う。

放送が終わる前に録画しておこうと思ったら忘れた(泣)が、DVDが出ているということで早速Amazonでぽちっとしてみた。

NHKみんなのうた おしりかじり虫(DVD付) NHKみんなのうた おしりかじり虫(DVD付)
おしりかじり虫 (2007/07/27)
Amuse Soft Entertainment, Inc.(AMS)(M)

この商品の詳細を見る


届くのが楽しみ。
私はこのAmazonのアフィリエイトというのをもうけるためじゃなくて、画像を自由に使うために使っているので、いつもより大きめに使ってみた(ハート)。

ところで記事の中に
-----------------------------------------------
同局では、通常なら2カ月で曲を代えるところを、8月も続け、さらに9月までの延長を決定
-----------------------------------------------
とあるが、8月もみんなの歌の時間帯で「おしりかじり虫」をやっているわけじゃないのでちょっと誤解しそうな記事の書き方。放送スケジュールは作詞作曲うるまでるびのページ(ココ)にあった。
ちなみに今は谷村新司だったりする(火、木曜日)。
参考:NHKみんなのうた

8月になって、渋い声だと思ったらサライの人だった。

8月になって曲目がかわったのは軽くショックだが、最近もっとショックである。高校野球のせいでここのところずっと、みんなの歌の放送(午後6時55分)がないのだ。何かね、せつないよ、いつも。


YouTubeのリンクって好ましくないのかもしれないけど、はっとこうと。そんな時間に帰宅したことないやい、という人はぜひ。
早くNHKがみんなの歌のDVD出してくれないかなぁ。切に思う。あ、おしりかじり虫の方はDVDをぜひ。なんちて。
おしりかじり虫
のびろのびろだいすきな木
載せようと思って忘れてた。おもしろいっす。欲を言うならばもう少し動きと音楽をマッチさせてもらいたい。



サザエさんXiPod、他にも色々出来そうだなぁ。
アスファルトや人工構造物をものともせずに生えていると「ど根性」という冠をつけるのが流行っていたが、そうならば「ど根性百合」。
Yuri.jpg

いわゆる雑草とかがアスファルトを割って生えていても気にもとめないくせに、大根とかイチゴとかだとおもしろがる風潮。野生の百合とかだと珍しくない光景だ。風にのって飛んできたらしいが、いつもこの付近で咲かせているのを見る。毎年のように遭遇している、会社駐車場そばの百合。
 子供に是非与えたいと思っていたオモチャがレゴである。私自身はレゴで遊ばなかったし、実は遊びたいと思った事がない。この事と、私のアート的創造性の欠如や空間認識の無さは無関係ではないと思っている。レゴを与えられなかったからなのか、元々興味をもたない性格なのか因果関係はよくわからないが。男女の性差を述べ出すと色々めんどくさいので割愛するが、レゴで遊べる子供、空間認識を持ちうる大人、男女の性差をあわせて考えてみたりしている。

 遊ぶのはだいぶ先の事だと思っていたら、会社の同僚たちに出産祝いにレゴDuploという幼児用のレゴをもらった。飲み込めない程度の大きさで通常のレゴより大きいタイプである。手先が色々使えるようになった頃に出してみたら、カチャカチャ音もするし楽しげに遊んでいる。
#もちろん一番楽しんでいたのはオトンだが。

レゴ デュプロ 楽しいどうぶつえん 7338 レゴ デュプロ 楽しいどうぶつえん 7338
(2006/02/07)
レゴ

この商品の詳細を見る

レゴ デュプロ 基本セット みどりのバケツ 7337 レゴ デュプロ 基本セット みどりのバケツ 7337
(2006/01/22)
レゴ

この商品の詳細を見る

 またありがたいことに、会社のJKさん家で使わなくなったレゴをもらい、これにレゴDuploが含まれており、我が家のレゴは一気に豊富になった。オトンは色々作れるようになって楽しいらしい。娘の方はというと、始めは『つかむ』くらいだったのが、『はずす』が出来るようになり、何だか楽しそうである。オカンが作る自称前衛芸術作品(理解不能とも言う)は片っ端からバラバラにしていく。並んで座って遊んでいると実におもしろい。漫才のようである。おもしろいことに、オトンが作る明らかにちゃんとした作品(何か理解できるモノ)には手を出さず、できあがるまで側でおとなしくしている。つまりオカン作品は、前衛すぎで理解できないらしい。赤子だし仕方あるまい。最近はレゴがくっつけられる事に気がついたらしく、時々トライしている。もっとも、遊び方のメインはおしゃぶりなのだが。
 レゴ好きになるかどうかはわからないが、楽しんでほしい。空間認識ができれるようになれば、なお良い。出来なくても可。楽しめれば優、かな。楽しめなければ、そこに遺伝子を見るわけだ。それもまた一興。
最近のウチの娘。電話のマネがお気に入り。うちはそんなに電話する方じゃないのに、いつ見てたのだろう。何でも耳元にもっていって「もしもし」のポーズがお気に入り。

そんな娘のために、オトンが作ったレゴ作品。携帯じゃなくて『重たい』。

07081101.jpg


重たいだけじゃなくデカイ。

07081102.jpg


娘、がんばって持ってたよ。でも重たいし1回だけ。その後はオカンによって戦艦だか空母だかタンカーだか何かに作り替えられたけど。
「小数点以下1位より小さな値」をどこに使うのか、すぐにわからなかった。

----------------------------
小中学校の算数・数学 電卓を使っていいんだよ(朝日新聞)
 小学5年の百分率「3600円のゲームを25%引きのねだんで買いました。代金はいくら」という問題のように、小数点以下1位より小さな値を用いる場合に電卓マークがつく。マークは「電卓を使って解いてもいい」ことを示す。
----------------------------

「3600円を4で割り、その値を引いて2700円」と計算した私は、小数点の存在がすぐにはわからなかった。

----------------------------
小笠原敏成・小学算数編集長は「電卓を使う機会は増えるでしょう。それに伴って数学は社会で働く時に役に立つ科目だと考える生徒も増えると思います」と語る。
----------------------------

へ~ぇ。(棒読み)

昨日の朝、ダンナが「ユーミンがむしょうに聞きたいなぁ、何でだろう」とつぶやいていた。夜にTVのCMでコレが流れて、「ああ、このCMのせいだ」と回答を見つけていた。

確かにそういうCMだ、ダンナ・ノスタルジーなどと思いかけていたが、気がついた、違うぞそれ。ダンナのは呑みたいだけだ。今日は緑エビスだったし、しばらくラガー買ってないし。間違いない。ユーミンなんてどうでもいいに違いない。
 中国産の野菜とか冷凍総菜は購入しなくなって長いが、国産野菜もスーパーに並んでいるし、生協の個配を利用しているので食品関係は不便を感じない。まぁ生協であったみたいに偽装とか嘘表示にはかてないけれど、これはどこでも同じだし。

 ところがとても不便なものがある。ベビー玩具だ。なめたり口に入れるのが基本の乳児の場合は、やはり安全安心をうたったオモチャがよい。ところが安価なプラスチック系のおもちゃはたいていMade in China。意外とMade in Chinaでないモノをオモチャ屋で見つけるのは簡単じゃないように思う。「ものすごく安価、安価」と分類できるものは、この頃手にも取らなくなった。高価な知育玩具とかになると国産や北欧製のものが出てくるが、それでもアメリカの知育玩具はたいていがMade in China。先日、有害物質使用で自主回収の記事があったが、氷山の一角な気がする。木のオモチャは国産や北欧のものが多いので選びやすい。が、決して安くはない。値段を気にしなければいいのだろうが、びっくりするようなのも少なくない。

 などとぶつぶつ言いながらカタログを見ていたら、ダンナに「じゃぁベトナムってのはどうなの?」と聞かれた。カタログにあったのだ。ちなみにインドネシアってのもある。その辺はよくわからない、弱ぇ~。
------------------------
純白の手袋 モクズガニ脱皮 福井市自然史博物館 (福井新聞)
「白いティッシュが浮いている」と水槽をのぞき込むと「あれっ? 2匹に増えている」。しかし、色の濃い方は動かず、脱皮した後の抜け殻と分かったという。
------------------------
臨場感な記事と写真にニッコリ。実際に見てみたい。写真じゃどちらが抜け殻かすぐにはわからない。おもしろーい。
| ホーム |