WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

えーと、何となくクリスタルな康夫ちゃんはまた議員さんになったそうですが、私は何となくというか、とにかく毎日が一杯一杯です。ボスが総力戦宣言する前、亡霊会議の少し前から総力戦に巻き込まれ、オタオタしながら生きてます。

「何となく」から書き始めたばっかりに駄文増量。

一杯一杯で、メールとかブログとか私的な文章をかけないんですが、これもストレスです。で、ほんの少し山を越えました。と言っても毎日が綱渡り的です。今週末、また山があります。今は片っ端から文章化、データ化しているところで。(そこに新たな仕事が降り積もる・・・)
どれくらい一杯だったかというと、先週木曜日にリサーチレポートの当番だったのですが、準備する時間が本当にない。当日朝からやっとスライドを作り始めたものの、細切れな時間でひたすらあわあわ。そして出来たかどうだかよくわからないスライドで原稿(英語)考え始めたものの、時間もなくセミナー室へ。

原稿だかメモ書きだかよくわかんない紙を手放せずしゃべってたら、最後になって大穴発見。

20070731000900.jpg


これラストの結論のスライドなんだけど、初めて見たよ、結論の内容書き忘れたスライド。我ながら天晴れ、なわけない。
発表って得意じゃないし舞い上がってる状態で、この白いスライド。マジ驚いた。真っ白。

Sorry, I have forgotten to write the contents of our conclusion slide.
とか何とか言ったら、ウケてた。ちょー哀しい。ああ、俺のバカ。
スポンサーサイト
近事片々:テレビドラマのミニ解説(毎日新聞)
7月から始まったテレビドラマのミニ解説。
「受験の神様」 主人公は区立小校長。学力テスト中の教室を回り、児童の誤った答案個所を指でさしていく。おかげで学校の成績はいきなり区内トップに。父母から「神様」とあがめられる。
   ◇
「牛に願いを」 正式タイトルは「牛になれと豚に願いを」。食肉卸社長は早くも主演男優賞の呼び声。ミンチ偽装で自己破産申請に追い込まれるが、「段ボールの肉まんよりまし」と開き直る。
   ◇
「探偵学園Q」 突然ほおと額にばんそうこうを張って現れた大臣の謎に少年探偵団が迫る。でも何度尋ねても「大したことはない」「法律にのっとっている」と答えるだけで、盛り上がらない。

----------------------------------

おもしろかったので勝手に続きを。

「花ざかりの君たちへ」 ハンカチ王子、ハニカミ王子・・・、王子はもういいよと思っていたら、裁判記事で‘監禁王子'。そういえば王子元祖かもしれない。

「ホタルノヒカリ」 参院選まっただ中。応援演説に来てほしくない閣僚や議員もいるということで、そういう場合は壇上に上がったとたんに音楽が流れて帰ってもらう。エンドロールには一応『友情出演』とつけておく気遣いを。

「肩越しの恋人」 あゆ&長瀬の破局。‘別れても連絡をとる'っていう元恋人、新しい恋人の立場だとちとコワイ。


結構難しいもんだ。


 理研脳科学研究センター(BSI)が今年創立10周年ということで、かなり力が入ったイベントをたくさんやる事はきいていたが、具体的な事はほとんど知らなかった。
『夢見る脳科学』というイベントの瀬名秀明さんの企画をSecond Lifeの中でライブストリーミングしたらしい。パネリストの1人であるBSIの藤井直敬氏のページにその様子が記載されているが、なかなかおもしろかったようだ。
 以前から話題になっているSecond Life、興味がなくはないがやってる時間もないしめんどくさいと思っていた。科学研究のインタープリターのツールとしても重要な役割を果たすかもしれない。日本語版も出たっていうし、やってみるかな。時間作らなくっちゃ。


何だか楽しそう~。

車窓楽しみ カンパ~イ 福鉄「ビア電」運行開始 (福井新聞)
ビア電は8月11日まで1両編成で運行。月、水、金曜日は午後6時35分武生新駅発、火、木、土曜日は同6時40分に福井駅前発。いずれも2時間程度で発駅に戻る。
予約制で定員35人。日曜日、祝日は貸し切り専用で、25人から受け付ける。料金は1人3000円。
---------------------

鉄っちゃんでなくともイベント好きにはたまらなかろう。発車時間を考えると車窓がどの程度楽しめるか疑問だが、それは問わない方向で。町中を走るみたいだから案外夜景が楽しめるのかも。まぁ雰囲気が一番楽しいに違いないけれど。
宇宙にちなんだ日本の名曲、宇宙へとつながるCD、それはステキ(棒読み)。宇宙開発機構JAXAとAVEXのコラボ。

------------------------------
宇宙へとつながるCD発売…日本の人気曲10曲(読売新聞)
宇宙開発への関心を高めてもらおうと、宇宙航空研究開発機構は大手レコード会社「エイベックス」と共同で、宇宙にちなんだ日本の人気曲を集めたCD「ソラノオト」(税込み3000円)を11日発売した。
------------------------------

選曲に大いに興味がある。

1. A.D.D.P. m-flo(ハート記号) MONDAY満ちる
2. Radio Emission ALEX
3. cosmic eyes BoA
4. 星空のディスタンス THE ALFEE
5. Rendezvous In Space! TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA
6. Reaching for the Stars Fantastic Plastic Machine. SKY JUICE feat.GAGLE SOFFet
8. Sun Lights Stars RAM RIDER
9. Sky 東方神起
10. 銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999) ゴダイゴ


・・・・・・。選曲者と選曲基準を是非知りたい。責任者はどなたでせう。野口聡一飛行士への応援歌とか『JAXA宇宙の音楽募集キャンペーン』グランプリ曲が入るのは構わない。「星空のディスタンス」って!(私は好きだけど)宇宙じゃないと思うんですが。星空つながり?
-----------------------
星空の下のディスタンス
燃え上がれ! 愛のレジスタンス
さえぎる夜を乗り越えて
この胸にもう一度……
Baby, Come Back!
-----------------------
こういう歌なんだけど。カシオペア見上げるなんて歌詞も入っていたけど、宇宙にちなんじゃいないと思うけど。

感じ方それぞれでいいのかもしれないが、JAXAの仕事とするなら色々激しく疑問。
さすが中国。スケールというか、偽装の中身がひと味違う。

ニセ肉まん:段ボールを煮込んで詰め露店で違法販売 北京(毎日新聞)

日本でも偽装が話題になった昨今、お隣中国でタイムリーな記事。家人との会話。
「日本では牛肉コロッケの肉が豚肉や鶏肉とかモツでした。中国では肉まんの肉の偽装です。さて、肉を何で偽装したでしょう?」
「じゃがいも?」
「ブー。植物ですか。食べれるね。」
「ミミズ?」
「ブー。一応食べれますね。」
やっぱり偽装でも思い浮かぶのは普通は別の食べ物で偽装という発想。

件の肉まん、『劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸して黒っぽく変色させ、さらに煮込んで軟らかくしたうえで豚肉と混ぜ合わせ、肉まんの中身』。記事がレシピのような書き方になっているところがまた・・・。

さすが中華クオリティ。
(中国の記事ってはいつもこれで締められる。)

 ズリバイが長く、ハイハイするようになったと思ったらあっという間につかまり立ちした。伝い歩きは習得中(もうじき1歳)。ヒトの進化の過程を目の前で見ているようで、なかなか感動的。
 寝返りをマスターしたばかりの頃、寝返れるけど元に戻れないので「あ゛ーっ(戻せー)!」と叫ぶ赤ん坊、という話はよく聞いた。うちの娘の場合、寝返りマスターがそんなに早くなかったので、寝返りが出来たころには戻れるようになったらしく、あまり叫ぶのを聞かなかった。
 つかまり立ちも寝返りと同じで、立てるんだけれど元に戻れない、つまり自分でお座り出来なかった。だから「あ゛ーっ(戻りたいー)!」と叫ぶ。これはよく叫んでいた。おしりを手で支えてやると座ることが出来た。最近ではつかまった所に自分の手をかけて身体を支えながら、よいしょっとばかりに腰を下ろしている。その姿は実にかわいらしい。

 ところで(やっと本題)、子供にかける言葉にも地域性が表れておもしろい。子供の成長に合わせ、うちでも色々判明。「お座りして」という意味で「おっちんして」と私が言うと、家人は「何?それ」。説明するが不思議そう。そんな話をしていると、タイムリーにこんなアンケートをやっていた。
『赤ちゃんに「座って」というとき、何て声をかけますか?』(PooWebComic)
一杯あるある。「おちゃんこ」ってのも他所の育児ブログで知った。

 最近は膝立ちとかも自由に出来るようになっていて、正座っぽい格好も取るようになった。そこで判明、正座する事を「おちょきんする」って言うらしい。私は初めてきいた。すると家人、「おっちんするを認めるから、おちょきんするも認めて」。いやいやそんな交換条件要らないし。ていうか、『おっちんする』って認めてもらえていなかったのな。

まだまだこういう違いがありそうでおもしろい。


追記
「あ゛ーっ(戻せー)!」と「あ゛ーっ(戻りたいー)!」、表記は同じだけど、やっぱり何となく違う。書いていて気付いた。
いいってわけじゃないと思うのだが。

DS家計簿というのがあるのを知った。私に使えるだろうか。思わず「欲しい」と言いそうになった。いやいや、待て待て。

私はお小遣い帳に引き続き家計簿にも挫折している。家計簿にいたっては毎年のように購入した記憶があるが、記録した記憶がない。大まかなお金の管理は家人が担当してくれているので、生活費の詳細くらい自分で管理しようと思うのだが、これが難しい(私には)。ノート型、手帳型、エクセルタイプ、色々。すべてダメですた。

で、DS家計簿。コマーシャルで見たときにちょっと惹かれるものがあった。‘こんな人にオススメ!’というところに「家計簿はつけたことあるけど面倒くさくて長続きしなかった主婦の方」とあるが、紙媒体やPCに面倒くさくて記録できなかった人に、DSの記録が続けられるのだろうか・・・。残念ながらそういう人でも続けられる理由は読み取れなかった。

さらにどこでもヨガというDSソフトの宣伝を見たけど、それも何か違うような気がするけど、効果的な学習方法なんだろうか。
DSをシステム手帳がわりにできそうなのもわかるし、学習効果もよくわかるけどね。何でもDSソフトにって傾向がありそう。これもDSが売れに売れてる証拠なのだろう。まさにちっちゃい携帯PCのノリだな。
タイトル書いてて気がついた、スリーセブン!

大相撲番付表、もう次の場所 越前市で紙作り始まる(中日新聞)
 福井の名産の1つが越前和紙であることは知っていたが、番付表が福井産だとは知らなかった。大関昇進や幕入りがあった時など、当人がマスコミの前で広げるパフォーマンスをしばしばやっているが、あれが越前和紙だそうだ。紙漉は高度な技術であるし、こういう事は積極的にアピールされたいものだ。

 次の場所からは新横綱が登場するということで、番付表がTV画面に登場するのは間違いない。ちょっと感慨深い感じで見てみることにしよう。
 今日は七夕。今週は保育園でも笹と笹飾りが用意され、火曜日の連絡帳に短冊がはさまれていた。乳児の場合は保護者が書くのだろう。
 6月末から保育園での水遊び(0歳児はタライでお湯遊び)が始まったのだが、6月になって急にお風呂嫌いになった我が娘、当然水遊びも楽しめない。慣れようと空のタライに入れてみても大泣き、他のお友達が水遊びをしているのを見て大泣き・・・だそうだ。ということで彼女の短冊には、

『水遊びを楽しめますように。』

と書いた。

短冊の裏面が何となくさびしいので、「書いてあげようか?」とオトンに尋ねると嬉しそう。ということで裏面には、

『ロト6が当たりますように。 父』

たぶん短冊に書くべきは娘のが主であろうから、書き方に差をつけて、娘のはマジックペン、オトンのはボールペンで書いておいた。ささやかな思いやりで。オトンは子供の短冊に世俗的な願いを書いた事を、翌朝になって少し後悔していたが問答無用に連絡帳にはさんで持って行った。

 お迎えの時、『商売繁盛、家内安全  おかぁ』と書いてある短冊を見つけた。大人はどこも同じらしいよ。
参院選後にらみというより単なる仲間割れな気が・・・
新党日本:所属2議員が解党要求 参院選後にらみ(毎日)
新党日本:荒井、滝両氏が事実上離党 田中代表解党認めず(毎日)

新党立ち上げの時にも、政治家以外の人には理解しがたいミラクルをやっていたような(↓)。
国民新党の長谷川氏、新党日本に…「政党要件」満たす(読売)
政党要件満たすために、新党間の議員移籍という奇策を使ったってやつ。

で、これが現状。
------------------------------
総務省によると、政党の解散届には代表者印などが必要。このため田中氏が解党を認めない現状では、新党日本は事実上分裂しながらも政党としては存続。滝、荒井両氏も離党届が受理されていないため、制度上は同党にとどまっている。
------------------------------

「離党したくないから解党しろ」「嫌だ」ってやりとりなんだけれど、解党しないのは党首がテレビの有名人と一緒に今度の参議院選挙の比例で出馬するからだろう。じゃ離党しないのはなぜか、プライド?

離党したら政党要件は満たされるのか?を考えてみた。

政党要件を満たした政党であれば小選挙区と比例代表にダブルで立候補でき、政見放送ができ、政党助成金も受け取れる、等々。政党要件ってのは、
(1)国会議員が5人以上所属する(衆院解散で身分を失った前議員も含む)
(2)直近の国政選挙で、有効投票総数の2%以上の得票がある、のいづれか。2005年総選挙で話題になった。

新党日本のHPによると、現在の国会議員は2人。政党立ち上げ時には4人+1人(移籍)でぎりぎり5人。選挙で失職した人がいるのと、移籍した人は元の党に帰ったらしい。ちなみに、新党結成のために急遽移籍して、その後元の党に戻っていたこの人、それをどう説明するんだろうと思ったら、プロフィールとかにそんな事は一切書いてなかった。無かった事?書く必要ない事なのかな、たくさん記事になったのにね。
(選挙直後に戻ったらしく、彼が発行したいる新聞には書いてあった。)

離党したら政党じゃなくなるの?ってところに話を戻す。まず(1)は満たさない。(2)はどうだろうか。
----------------------------------------------
2005年総選挙得票数
    小選挙区(得票率)  比例区 (得票率)
自民党 3,252万票 47.77%  2,589万票 38.17%
民主党 2,480万票 36.44%  2,104万票 31.02%
公明党  98万票  1.44%   899万票 13.25%
共産党  494万票  7.25%   492万票  7.25%
社民党  100万票  1.46%   372万票  5.48%
国民新  43万票  0.63%   118万票  1.74%
新日本  14万票  0.20%   164万票  2.42%
----------------------------------------------
引用元

(1)の要件は既に満たしていないけど、(2)の要件は満たしていそうだから、政党としては(たとえ2人が離党しても)成立するって事か。
(後で気がついたが、(1)を既に満たしていないのだから、調べなくても現在は(2)で成立しているって事だよね、トホホ。だから移籍した人が元に戻っても問題ないのか。)

政党として成立するということは、政党交付金が支払われるということで、離党した人としては納得いかないというところか。
で、現状のまま話題の4人がそのまま国会議員となった場合、解党要求した2人は制度上政党交付金が支払われるんだろうけれど、そんなのアリなのかね。

ちょっと疑問に思ったので調べてみたけれど、調べた量の割には大した内容じゃなかった事に気がついた(馬鹿)。あんまり悔しいから記事にしてみたよ。
 息抜きや休憩用に職場の引き出しに菓子をストックしておく事が少し前に話題になった。会社負担で常備しておくところもあるという。確かにちょっと煮詰まった時、小腹が空いた時、眠気を感じた時などとても有効だと思う。血糖値をあげる事と作業効率アップの関係が論じられる事もある。そういう「ちょこっと甘い物」として発売される菓子も少なくない。しかし、ちょっとといっても甘いということはカロリー的には気になる事でもある。
 眠気をとばすためにガムを噛むという方法もある。この「噛む」という行為がよいらしい。しかし歯の治療中なのでガムは避けたい、ということで私は煎餅の類を常備していた。満腹感にもつながるし、音のせいか気分転換もはかれる。しかしこの音がまた問題である。前は大部屋で、常に騒がしいところだったのであまり気にせずにすんでいたが、席替えで少し小さい部屋に移り、同部屋の同僚たちがまたとにもかくにも静かな人たちばかり。かかってきた電話に応えるため、思わず部屋を出てしまう人までいるくらい。静か。この部屋では煎餅は食べにくい、ていうか食べれない。何かかわりのものはなかろうかと探していたら発見!

ほたて貝ひもボトル20070705142853.jpg


 今朝立ち寄ったコンビニのレジ付近で発見。安いし(確か198円)とりあえず購入。スルメ版もあった。何が良いって、このガムボトルのようなスタイルがよい。制作したなとり、エライ!スルメの小袋も売っているが、机の上にあるのを他人に見られた日には何となく赤面ものである。思わず「ガムの換わりなの、噛むのって脳に刺激を与えるのにいいらしいよ」と聞かれもしないのに言い訳してみたり、ありもしないビールの缶の幻影にうろたえてしまうかもしれない。匂いも少ないし、音もしない。なかなかよい感じ。オススメ。欠点を挙げるならば、原材料(ほたて貝)が中国産かどうかわからないところ。加工品だから仕方ないけど。
ムスメは保育園で昼食を食べるので、学校給食と同じで予定献立表をもらう。重ならないように夕食前などにチェックしているのだが、一昨日の献立はこんな感じ。

「離乳食後期」
・バター付きパン
・野菜汁
・ささみうすくず煮荒つぶし
・さやいんげんとコーンのソテー刻み
(除く:ホールコーン缶

ホールコーンて! それは是非除いてください。
後期の食事って完了期の食事と重なるところがあり、食べれないものを除いたメニューになる事があるので、その結果こういう表記が生まれる。ちょっとウケた。

色々食べて大きくなーれ。
『1年前の今頃何してたっけ』というのは、私が頻繁に自分に問いかける言葉の1つだが、ちょうど1年前の今日が分娩予定日だった(7月3日)。初産だから遅れるだろうとは思っていたが、確かに何の兆候もない。6月から産前休に入り、終わらせられなかった仕事をちくちく家でいじりながら「歩け歩けキャンペーン中」の日々を送っていた。
(妊婦は安産のため歩くのがよいと言われる。)

それで予定日過ぎた週末、キャンペーンのいっかんとして三渓園に出かけた。近所は歩き飽きたのだ。買い物、通院はもちろん歩きだし、それ以外にもなるべく用事を作ったりして歩いていた。同じ道を行かないようにしても、毎日の事だけに選択肢は限られる。本屋は休憩にもちょうどよい目的地ではあったが、でかい腹した妊婦が毎日行くと顔を覚えられて「また来てる」と思われるんじゃなかろうかとか余計な心配してみたり。それで「どっか歩くのに楽しいところに連れて行け」と家人に頼んで出かけたのが、三渓園であった。

暑い日ではあったが、木陰も多く休みながらのんびりと緑の中を歩くのは実に楽しかった。暑い季節で、桜や紅葉の季節でなく、暑い時期であったので客も少なくとても歩きやすかったのを覚えている。

三渓園とは明治時代の実業家の大金持ちが、京都や鎌倉などから歴史的に価値の高い建造物を移築し、広大な敷地に技巧的に配置した園庭である、よく言えば。あちこち見て回るとわかるのだが、「歴史的に価値が高い」ということとおそらくは好みで集められているので、「バラバラ感」も高い。建物以外の「何でここにあるの?」みたいなもの(墓石)も発見し、おもしろかったけど。

そんな日々を過ごした去年からちょうど1年。早かったような、そうでもないような。

カメいっぱいで家人大喜び

「イラつく」という曲ではないが、そういう風に扱われることに妙に共感を覚えた。
---------------------------------------------
James Blunt あの超ヒット曲が「イラつく曲」No.1に!(VIBE)
リサーチ・サイトOnePoll.comがこのたび「史上もっともイラつく曲」の一般投票を実施。この結果、‘05年に世界11ヵ国でNo.1を獲得するなど爆発的ヒットを巻き起こしたジェームス・ブラントのバラード・ナンバー「You’re Beautiful」が、もっとも多くの票を集めたようだ。
---------------------------------------------

これ日本でもヒットしたのか、ラジオでヘビーローテーションのようだったのを覚えているし、今でもすぐ思い出せる。宮沢りえが出てるCMでも使われていたような気がする。

私自身はイラつくということはないが、おしりがむずがゆくなる歌には違いない。聞き取りやすい歌詞だけにぐるぐるまわる、しかも歌詞の内容が。テレビかラジオで聞いたのは『地下鉄で違う男と一緒にいる元カノを見かけた時、目があったけど無視された経験から出来た曲』だそうで、歌詞の中の「もう会えないだろう」「もう一緒にはなれない」って歌詞が綴られるわけだ。

My life is brilliant.
My love is pure.
I saw an angel.
と切々と続く歌詞は美しいと言えなくもないが、汚れつちまった悲しみかどうも私には未練がましく聞こえてしまう。

それでその後、
You're beautiful.
You're beautiful.
You're beautiful, it's true.
と繰り返されるのだが、もう私の耳には「おまえめっちゃキレイやでホンマ」と関西弁でつぶやくアホな男に変換されてしまって、その美しい世界に入り込む事が出来ない。

ということで、私にとっては『去年のクリスマスは彼女がいたのに今年はいない~』とご陽気に歌うワムと同分類なってしまっている。まぁラブバラードでゆったりした曲なので、ワムのインパクトには勝てないけど(私的基準)。
 たぶん最初にこの人を見たのは、テレビで熱くお尻について語っていた時だと思う。その熱い語り口と表現に「只者じゃない」感銘を受け、それ以来この人のコメントを楽しく期待しつつ安心して聴いている私がいる。その理由がこのインタビュー記事でよくわかった。ここの言葉を借りると『山田五郎はいつだって軽快だ。何を語っても本人がいちばん楽しそう。言葉に重みがないんじゃない。苦労を感じさせないというか、仕事の話をしても趣味っぽいというか…。』な人、まさにその通り。

--------------------------------------------------
・よく“仕事だから割り切ってやれ”って言うけど、雑誌の仕事はそれじゃダメ。割り切ってやってると、それなりのページしか作れない。
(淀川長治さんの話のくだりに感服)

・探すってのは、たとえば“タバコどこいった?”とか探す対象がわかっているから見つかるわけでしょ。何かわからない自分を探したって、見つかるわけないじゃん。(自分探しについて)
--------------------------------------------------

やっぱりこの人の話は安心して読んでいられる。

交通事情は上海の思い出の1つでもある。
---------------------------------
「音」じゃなきゃいい? 中国式「クラクション改造」 (ZAKZAK)
騒音対策のため、自動車のクラクション規制を始めた中国上海で、警笛音を音楽などに変える動きが出ている。
---------------------------------

 別に上海の車だけクラクションの音量が大きいわけではない。クラクションの騒音対策って、たぶんあのクラクションだらけの交通事情を何とかするって事だと思う。日本じゃイメージがわかないかもしれないが、上海の車のクラクションって尋常じゃない。常にクラクションが鳴っていると言っても過言じゃないと思う。一応普通に信号とかあって交通ルールとかあるみたいだけど、交差点に入るときや左折とか、基本的に『早い者勝ち』ルールである。だから先に入った方が「俺が先」と言わんばかりにクラクションで主張する。先に鳴らしたもの勝ち。スムーズな交通にはクラクションが必需品に思われる。あっちこっちの交差点でそうだし、直線であっても何かあればすぐクラクション。文句言うとき、自己主張するとき、我も我もと進む上海の交通事情の中だといつも誰かがクラクション。夜になってホテルの窓際にいると、通りは結構クラクションの音が響いている状況。
 たぶんそういう状況を規制するって事なんだろうけれど、どうやって規制するんだろう。むやみやたらとクラクション鳴らしている車を捕まえる?全部だよ、どーすんだ、中国。でもやるんだろうな、社会主義国家の強みで。
 
| ホーム |