WOO! 2

つぶやきとか色々自己中心的に書いていこうかと(む)。

ちょっと違和感があったので。

-----------------------------
多剤耐性菌の広がり、厚労省が全国調査へ(2010年9月6日23時36分 読売新聞)

厚生労働省は6日、これら多剤耐性菌の広がりを把握するため、全国的な調査に乗り出す方針を固めた。
(中略)
記者会見した厚労省の足立信也政務官は「どのような方法で調査を実施するか、早急に検討したい」と述べた。
-----------------------------

薬剤耐性菌の怖さやサーベイランスシステムの重要性の話は今に始まった事じゃないので、
ただでさえ「今更感」ただよったのだが、どうやって調査するか、そこからスタートってのはないだろう。
10年前に既にこういう話はあったはず。

と思ってぐーぐる先生に尋ねてみると、あるじゃん。

-----------------------------
JANIS
院内感染対策サーベイランス(JANIS)は、参加医療機関における院内感染の発生状況や、薬剤耐性菌の分離状況および薬剤耐性菌による感染症の発生状況を調査し、我が国の院内感染の概況を把握し医療現場への院内感染対策に有用な情報の還元等を行うことを目的としています。
平成12年7月より開始された当サーベイランスは、平成19年7月より参加医療機関にとって実用的かつ効率的なサーベイランスを目指したシステムに更新をしております。
-----------------------------

奇しくも、国立感染研究所・感染症情報センターの月報、2010年7月号は、
多剤耐性アシネトバクター
なんですけど。
で、この中に
厚生労働省院内感染対策サーベイランス検査部門データを用いた多剤耐性アシネトバクターの国内分離状況
ってのがある。


あるレベルの調査方法があって、あるレベルの調査結果もあったりするんじゃないかなぁ。
システムを作る人の努力、
システムに報告する人の努力の上にあるものだったりするんじゃないかなぁ。
日常のルーティン仕事や飛び込み仕事をこなしつつ、調査・報告してるんじゃないかなぁ。
無駄にならないといいなぁ。


手洗い励行。
医療従事者も患者も健康人も。
病院でもどこでも。


追記
書きたかった事を忘れていた。
感染症情報センターは感染症発生動向(週報)とか感染症予測調査をこまめにレポートしています。
見たらどうなる、という事をうまく説明できませんが、有用な気がしてます。
ぜひ。(別に回し者じゃない)
スポンサーサイト
--------------------------
海底にカニの楽園 新潟沖の日本海、水中ロボが撮影(Asahi)

日本海には、ベニズワイガニが海底100平方メートルあたり400匹も生息する「カニのパラダイス」がある――。東京大と海洋研究開発機構の研究チームがそんな調査結果をまとめ、18日に発表した。東京大が開発した自律型水中ロボット「ツナサンド」(重さ約240キロ)で深海底を写真撮影して確認した。
--------------------------

気になったのは「カニの楽園」ではなく、自律型水中ロボット「ツナサンド」。

ツナサンド・・・どんなロボットで、なぜにその名前?

作製は東大の浦教授の研究室らしい。(研究室HP)
浦研のロボットたち
PTERO150
ALBAC
TWIN-BURGER
TWIN-BURGER 2
manta-ceresia
R-one Robot
Tri-dog 1
Tantan
Tam-Egg 1
r2D4
TUNA-SAND
T-Pod
HALウラボ
-------------------
美味しそうなのは気のせいか。


で、TUNA-SAND
明確なネーミング由来の記載は見当たらないが、

・大深度での対象物への接近観測やサンプリングの精度を確保するため、
海底地形を参照した測位手法(Terrain Navigation)を採用

・航行中にローカルな海底地形をスキャンし、あらかじめ与えられた広域マップと照合することによって、マップ内での自機位置を推定する手法である。

・ペンシル状の音響ビームを発射して測距することができるプロファイリングソナーによって海底地形をスキャンする。この手法により、「ツナサンド」は外部からの支援を受けずに測位を行うことができる。

という記載があるので、
そこいらへんからのネーミングと推察してみた。



単なる調べメモですが。
保育園に行くようになって、色々な保護者がいる事を日々実感している。
幸いにも「眉をひそめる」ような事はないが、「人の振り見て・・・」というのは良い悪い両方ともある。
世間でよく話題になるようなバカ親にはなりたくない。

スイスのお話。
-------------------
怠慢な親を罰すべきか?(2009/2/19、swissinfo.ch)
怠慢で学校と協力しない親を罰する法律を制定したバーゼル・シュタット州が、今多くの批判を浴びている。しかし親としての義務を果たさない保護者に、その責任を追及する姿勢はほかの州でも変わらない。
-------------------

怠慢で学校と協力しない親の定義は、
『定刻の登校、充分な食事、充分な睡眠などを含む、基本的な親としての義務を果たさない保護者』
だそうだ。
その他に『教師主催の親への説明会の出席義務』もあるらしい。
罰すべきかどうかは別として、確かに親としてすべき事ではある。

別の記事によると(『今度は親たちの番(2008/9/1)』)、こういう背景があるらしい。
---------------
ドイツ語圏のいくつかの州では、学校生徒が授業に集中できなかったり、ほかの生徒の邪魔をしたりする態度の原因に、睡眠不足や朝食を取っていないことを挙げ、親の責任と義務を追求している。

 「あくまで生徒が授業に集中できること、学校生活がスムーズに行われることを目標に、親の責任と義務を明らかにする時期にきている」
 とベルン州の教育局長ベルナール・プルベール氏は、ドイツ語圏の日曜版「ゾンタークスツァイトゥング ( SonntagsZeitung ) 」紙のインタビューで語った。
---------------

専門家の意見。
----------
「フリブール大学家族カウンセリング研究所」のアンヌ・シナ・ジョセン氏は、
「子どもにチャンスを与えたければ、対策は早ければ早いほど良い。やはり非行の原因は学校でうまくやっていけないことに起因する場合が多いからだ。さらに、朝食をきちんと取っていない子どもや、疲労している子どもは集中力がなくなり、その結果ほかの子どもの勉強も妨げることになる」
----------

日本でも、成績や素行に与える朝食や睡眠の重要性はしばしば話題になっている。


で、罰金制度が導入されているそうだ。
欧州は移民も多く、複雑な要因があるのは事実だが、学校の現場としては困った状況が多々あるのは容易に想像がつく。

学校の現場では
先生たちは親と喧嘩する気力も失い、もう限界にきている。子どもたちは授業中に睡眠不足で寝込むし、親は設定された話し合いの場にも出てこない。さらに幼稚園でも多くの欠席が目立つ。』だそうだ。

で、保護者の意見はというと、
----------
バーゼル・シュタット州で保護者の会の代表を務めるマヤ・ミューレさんは、
 「食事や休息、宿題をするのに適した環境などを指導するのは素晴らしいことだ。しかし、青少年期に入った子どもに朝食を強制するのは難しいことだし、紙に書いてある通りを子どもに言っても実行しないことが多い。それなのに、こうした状況を一切考慮せず親に罰金を課すのはどうかと思う」と主張する。
----------
(太字は引用者による)

つまり
「言ったって子供がやらないのに、全部親の責任って言わないでよ」って事?
・・・・・開き直ってどうする。

で、この人はこうも仰る。
----------
「親としての義務を実行しないのは、ほんの少数の親たちだ。彼らはスイスの教育システムが分からない上、社会的に上の立場にないこうした親たちは、それを知る手立てさえない」
----------

「ほんの少数」という現実ならば、現場はそこまで疲弊しないし、罰金制度になってもそれ自体にそう不満は出ないもんじゃないの?
義務を果たしているかどうかの境目の判断が難しい、ということはあると思うけど。
(罰金制度の是非を問題にしないならば。)


どこの世界も同じらしい。
好みのデザインというものはあるものの、
ああ自分って本当にガルウィングが好きなんだなぁと思った。
記事はMSNのものだが、写真はこっちが詳しい。
JJADはココ

価格がものすごいことになっとる・・・。
こうなるともうEVでなくても作れるけどな、たぶん。

----------------------------------------------------------------
英国からEVスポーツカー…2012年市販予定(MSN 1月29日)
英国のJJAD社は23日、EVスポーツカー『P1-E』(仮称)の概要を明らかにした。2個のモーターを搭載し、0-96km/h加速2.9秒のパフォーマンスを想定している。

JJAD社は元マクラーレンのデザイナー、Jim Dowle氏が設立したデザインエンジニアリング会社。2008年2月に「プロジェクト001」というスポーツカーの市販計画を公表した。今回のP1-Eはそのプロジェクトを現実化させたものである。

P1-Eは2シーターのEVスポーツカー。ランチア『ストラトス』の影響を受けたというデザインは、ボリューム感たっぷりで、強烈なオーラを放つ。ドアは『マクラーレンF1』のように、ガルウイング方式で開閉する。

デザイン以上に斬新なのがパワートレーン。2個のモーターを車体前後に搭載し、それぞれが前後アクスルを駆動する4WD方式を採用する。2次電池はリチウムイオンバッテリーで、重量配分に配慮して車体中央の低い場所にレイアウト。ボディはカーボンやアルミの複合素材で作られ、車重はわずか1055kgに抑えられている。

2個のモーターは最大出力390ps、最大トルク81.6kgmと強力そのもの。その結果、P1-Eは0-96km/h加速2.9秒という驚異的な加速性能をもたらすという。航続距離に関しては、最大370kmと実用性を確保。減速時に電力を蓄える回生ブレーキも装備している。

P1-Eは2009年中にプロトタイプを公開し、2012年に限定500台程度を生産する計画。価格は約5万5000ポンド(約6700万円)と見込まれている。果たして、マクラーレンF1のようなインパクトを与えるスポーツカーとなるだろうか。
----------------------------------------------------------------



最近の学生は知らないが、学生というものは「金はないけど暇はある」と昔から相場が決まっている(はずだ)。で、金がないからこそ、頭を使って何かやらかす、それは良いことばかりではないかもしれないが、そういう期間があってこそ将来某か成し遂げられるものなのかもしれない、と思うのだが。

-------------------------------------
1人乗り電池自動車など展示 250社が車の電子技術展(朝日新聞)

第1回国際カーエレクトロニクス技術展が28日、東京・有明の東京ビッグサイトで始まった。国内外から250社が出展し、アジア最大規模。会場にはリチウムイオン電池で走る1、2人乗りの電気自動車も展示され、関心を呼んでいた。30日まで。

 電気自動車のほか、自動車の電子化や電装機器に関する最新技術を展示。飲酒して乗るとエンジンが止まるシステムなども体験できる。

 商談や受注のための業者向けイベントだが、一般の入場も可能。有料(5千円)だが、ネット(http://www.car-ele.jp/)で招待券を入手できる。学生は入場不可
-------------------------------------

入れてやってくれよぉ、ちょっとぐらい。
将来を背負う技術者になるかもしれないんだし。
学生の質が下がったとはいえ、何人かは原石がいるかもしれないんだし。

コレやりたさに大学進学する人がいるかどうかはさておき、
泣いてる学生がいるだろうなぁ・・・気の毒だ。
これが為に留年するという学生が出ない事を祈る。

-------------------------------------------------------
不景気で飛べず? 鳥人間コンテスト、09年は休止に(朝日新聞)

読売テレビ(大阪市)は16日、同社制作番組「鳥人間コンテスト」の今年の開催休止を発表した。昨今の厳しい経済環境のもとで番組制作費を見直す中、安全飛行のためのセットや救助システムなどの予算が確保できないとして決断した。2010年は開催するという。
-------------------------------------------------------

大会事務局からのお知らせ(2008.01.16)。
年度内給付金の話はさかんにメディアで取り上げているけれど。

------------------------------
子育て特別手当:親子4人で10万円 年度内支給へ(毎日新聞)
 厚生労働省は8日、08年度第2次補正予算案に盛り込んだ第2子以降の3~5歳の子どもに1人当たり3万6000円を支給する「子育て応援特別手当」について、(1)支給対象は02年4月2日~05年4月1日生まれ(2)第1子の条件は「18歳以下(90年4月2日~05年4月1日生まれ)」--とすることを決めた。支給は08年度限りで、年度内の支給を目指す。定額給付金同様、所得制限を設けるかは市町村が判断する。
------------------------------

この年齢制限は、どういう議論から導かれたものなんだろう?
厚生労働省関連の委員会の議事資料さがさないといけないのかな。
下世話な書き方をすると、この年齢以外の子供が支援されない理由を知りたい。


ところで、定額給付金の話題が盛んで、うちは辞退する理由がないので当然頂戴するが、
何に使うか、ちょっと考えてみた。

答え。貯金する。
最も景気を刺激しない使い方?(笑)。でもこういうご時世だし、私も契約社員で派遣みたいなもんだし。
毒餃子事件。
「中国で混入された可能性はまずない」という発表に、
「バカこくでね」と、開いた口がふさがらなかったのは記憶に新しいが、
さて、その中国の主席は4月訪日予定だそうだ。

-----------------------------------
胡錦濤主席“毒ギョーザ”に激怒…質検総局に不快感 (ZAKZAK)

(中略)
「中国で混入された可能性はまずない」というと事件の幕引きとも取れる公安省の会見に、日本の世論は怒り心頭。親中派ですべてが“他人事”の福田康夫首相は別として、永田町でも与野党から「原因究明まで、主席の訪日を延期すべきだ」などと中国側の対応に対する怒りや疑問の声が噴出した。

 このため、「このまま4月の訪日を受け入れれば福田政権にとって大打撃になる」(自民党筋)と判断したのか、日本政府は4日、中国側に対して当初予定していた4月の訪日日程をずらし、5月上旬以降にするよう内々に打診した。

 一方、中国政府内でも「国家主席は日本の首相とは格が違う。訪日してギョーザでも投げ付けられたら国の威信が失墜する」と主席の訪日を引き止める意見まで出ているという。
-----------------------------------

ギョーザ投げつけっすか(爆笑)。
そんな事、考えもしなかった。誰が言ったのか知らないが、ナイス!笑える。


中国製品を極力買わないようにして久しいので、
最近の世間の「チャイナフリー」に似た動きはありがたいが
飽きっぽい日本人、いつまで続くか、ちと心配。
ずっと、カラーボールの中で遊ぶというのを一度やってみたかった。残念なことに幼少時代、その機会に恵まれることはなかった。
先月、娘と一緒に近所のスーパーの中にあるキッズパークに朝一で出かけ、人がいないことを良いことにボールプールで娘より一所懸命遊んでいたのは、誰にも見られたくないが真実である。
しかしながら、そのキッズパークで遊んだ翌週、娘の風邪週間へと突入してしまい、いまやそこが鬼門のように思えてしまい、出かける気にならないのは実に残念だ。

--------------------------------------------
ローマ:「スペイン階段」に50万個の6色カラーボール(毎日)

「スペイン階段」に16日、突然、約50万個もの6色のカラーボールが放たれ、市の清掃員が除去に大わらわとなった。
自称「芸術家兼活動家」のグラツィアーノ・チェッキーニ氏(54)が、「助手」3人と階段の頂上から赤、青、黄、緑などのプラスチックボールをまき散らした。ボールは一気に階段を転がり、広場の有名な「舟の噴水」をも埋めた。

--------------------------------------------

50万個のボール!片付ける人には申し訳ないが、ぜひ見てみたい。出来ればそこに立ち会いたかった。ソニーのCMよりキレイかもしれない。

ソニーCM
http://www.sony.jp/products/Consumer/bravia/report/cm/tvcm/bravia15s_3000K.wvx

イタリアのは動画があった。

不謹慎だけど、楽しげ~。

でも片付けるのはたいへんそう。カラーボールはどこに行くのだろう。
高校理科に新科目、苦手生徒向けに「科学と人間生活」(読売新聞)

素朴な疑問。理科離れが叫ばれて久しく、理科離れ対策や女子の理系進学バックアップの試みが多数取られているが、文系離れは言われない。理系離れして、文系にたどり着けているのだろうか。漂流してないのかな。疑問がいっぱい。

理科離れ対策は誠に結構な事だと思うが、こういう科目が出来る時、削られたり授業時間が減らされたりするのは何の科目なのか?

理科離れの結果、文系科目に強い、あるいは優れた生徒が増えているのか?

理系科目の能力アップの試みは殊更大きく報道されるが、文系科目の能力アップの試みは大丈夫?

文章作成・読解能力(国語)、正しい(←表現が難しいね)歴史認識(社会)、政治や社会システムの理解(社会)、そういう能力はどうなんだろうか?


 英語科目を増やすのも理科教育の更なる充実を求めるのも結構な話だが、総授業時間はそう増えるものではない。社会の政治のシステムや年金や税金のシステム、知らないと生きていくのに困るんだけど。自分の言葉で自分の意見をきちんと表現したり、他人の意見を理解したりするための言語力、全ての基本だし。マナー・常識・道徳、家庭で教わるもあれば、集団生活で学ぶものもあるんだけど。

 離れた先で着陸できているのか、漂流してんじゃないのといつも気になる「理系離れ」関連の記事。